高橋三千綱「九月の空」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
LINEで送る
Pocket

今日で9月も終わり。

今年は26年前の日記を取り出して、はるか昔の特別な体験を振り返ってみた。

腐れ縁の悪友・長戸がコラムで書いているように、僕らにとっては9月は特別な月だ。

通称「26年前日記」には、多くの方からメッセージをいただき、ウルトラクイズの影響力の大きさを改めて実感するに至った。その多くは小学生や中学生の多感な時期に僕らの出場したウルトラクイズに触れ、心震わせながら、番組を見ていたにちがいない。

そういう確信があるのは、かくいう僕自身も第2回、第3回といった初期のウルトラクイズを必死にTVにかぶりついて見ていたからだ。

その頃に出逢った作家が高橋三千綱

高校を卒業して、アメリカ留学し、帰国後、早稲田大学を中退。新聞記者をしながら小説を書き、芥川賞を獲った作家だ。

当時の僕には「アメリカ」というキーワードがあって、アメリカに関わるものを片っ端から追求していった覚えがある。高校を卒業して、単身アメリカに乗り込んだ高橋三千綱という作家の行動力には驚き、僕も大いに感化された。日本を離れ、今、ベトナムにいるのも、きっとこの作家の影響が大きいのだと思う。

彼が芥川賞を受賞した作品が「九月の空」。

ひたむきに剣道に向かう15歳の少年を主人公にした青春小説だ。

久しぶりに、20年以上、30年以上の昔を振り返ってみて、僕はこの小説を読み返してみたくなった。

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. Viajero より:

    26年前日記、毎日楽しく拝見させて頂きました。
    私は当時中学生で13回に熱狂し、何度も何度もビデオを見たものでした。18歳を目前に番組が終了し、寂しい思いをしていましたが、26年の時を経て、あのワクワクする日々が帰ってくるとは!

    Quiz Japanさんの記事、読ませて頂きました。クイズは勿論ですが、ベトナムに関するお話がとても心に残りました。秋利さんの素敵な人生に感動しました。
    私も1998年にバックパックを担ぎ、シンガポールからマレー鉄道に乗りバンコクを目指し、ベトナムに向かいました。近藤紘一さんの本が好きで、サイゴンはいつか必ずの訪れたい街のひとつでした。色鮮やかで、活気に溢れるサイゴンはとても好きな街のひとつになりました。
    記事を読んで、秋利さんもあの時代に同じ景色を見られたのだなぁと思うと感慨深い気持ちになりました。
    そして私の旅の原点は13回ウルトラクイズだったのだなと26年の時を経て、改めて思いました。いろいろな所へ行きましたが、何故かアメリカはトランジットのみで上陸していませんしね(笑)

    とても懐かしく素敵な日記をありがとうございました。
    秋利さんの更なるご活躍を楽しみにしています。

    追伸
    ビデオを見て改めて思ったのですが、秋利さんすごくオシャレですね。26年前だとは思えません。お仕事がアパレル業と知り、大いに納得しました。

    長文失礼いたしました

    1. AkitoshiMikio より:

      シンガポールからマレー半島を北上し、バンコクからサイゴンに飛んできたのは私と同じルートですね。
      このブログでは、今後もベトナムの話題が多くなると思います。
      興味あれば、引き続き御覧ください。

コメントを残す

*