3年前の3月11日の午後、ぼくは東京にいた。③

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
2011年3月12日_泊まったホテルの飾り絵

翌朝、起きるとベッドの上に飾られていた絵が傾いている。

眠っている間にも大きな揺れがあったのだ。
建物が崩壊しなくてよかったと胸を撫で下ろす。
新人スタッフから連絡があり、電車が動きだし、家に帰れそうなので、
一旦、家に帰ってから、午後、
ぼくの泊まっているホテルまで出なおして来たいと申し出があった。
ぼくはそれを了承した。
土曜日には彼女と、実はもう一人、約束していた知り合いにあった。
彼も前日は家に帰れず、どこかに泊まっていて、
当日は一旦家に帰ってから、
ぼくの泊まっていた西新宿のホテルにやってきた。
二人はそこから夜、近くの居酒屋で食事した。
泊まっていたホテルの数軒隣の居酒屋は営業していた。
客はぼくたち二人以外には後からもう一組入ってきただけだった。
その後、8時頃、成田空港近くにとっていたホテルに向かったのだが、
京成線は、ところどころで長時間停車したりのノロノロ運転で、
やっとのこと、ホテルに着いたのは、深夜0時前だった。
成田のホテルでも揺れば断続的に続いた。
でも、翌日3月13日、
飛行機は予定通り出発し、ぼくはベトナムに戻った。
その翌日からは飛行機も欠航になったりで、
お客さんたちはたいへんだった記憶がある。
ぼくの場合は、まさしく地震のタイミングで東京に入り、
それでも、運良く予定通りにベトナムに戻ってこれた。
あの、揺れの中の生活は、
とてもじゃないが、生きた心地がしなかったろうと思う。
東北で被災された方々のご苦労や悲しみは、
到底、ぼくの想像の及ぶところではないが、
ぼく自身の被災体験を風化させないためにまとめてみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください