2015年 10月 の投稿一覧

ベトナム航空の最新機種B787-9で行くハノイへの旅

LINEで送る
Pocket

今回のハノイ出張では、行きにベトナム航空の最新機種B787-9に乗る機会に恵まれた。
いつも買うチケット屋のお兄ちゃんが、予定していた時刻よりも30分早いフライトなら、B787-9に乗れますよと教えてくれたので、それに従ってみた。
B787-9はドリームライナーと呼ばれる最新機種で、ドイツ-ベトナム路線にも投入されることになっている。

最新機種を次々と購入するベトナム航空

機内誌の情報では、ベトナム航空は最近B787-9とA380-900という最新機種をそれぞれ4台購入しているらしい。いずれもベトナム航空がアジアでは最初に導入することになったとか。ずいぶんと威勢のいい話だ。
ベトナム航空保有最新機種

ベトナム航空は年内に株式上場

ベトナム航空は今年中に株式市場に上場を予定している。 ベトナムでは国営企業改革の一環で、これまでの国営企業は次々に上場を予定しているが、その際に安定株主として期待されているのが日本企業である。 ベトナム航空の場合は、全日空が株主として期待されているようだ。 1年前にはロイターが報じたし、今年も先頃ベトナムでは同様の報道があった。

2014年9月16日 ロイター 「ベトナム航空、ANAへの株式売却を示唆=現地紙

 

2015年10月8日 サイゴン・タイムズ ”Japanese airline eyes 10% stake at VN Air

 

ベトナム路線は各社が狙う超優良路線

再建時の日本航空は多くの海外路線を一旦手放したが、ベトナム路線は超優良路線であるらしく、その当時の日本航空ですら、手放さなかった。そればかりか、ベトナム路線の羽田空港への乗り入れを巡って、 全日空と日本航空が激しい鍔迫り合いをしたことは新聞でも報道され、よく知られている。 ご搭乗ありがとうございます。
それほどまでに取りたい路線ということだろう。確かに、今や東京-HCMC間だけでも各社合わせると1日7便、東京とハノイ、ダナンを含めたベトナム全体だと週80便以上、日本-ベトナム間だと週100便以上もある。
全日空はいまのところ、このベトナム路線で日本航空に遅れを取っており、ベトナム航空の安定株主として、経営に入り込み、日本航空をうっちゃりたいという思いがあるのだろう。

B787-9はインターネット接続も可能

B787-9ではインターネットも接続できるとのこと。
試してみなかったが、主に、Viber、What’s App、Skype、LINEのチャット機能をカバーしているらしい。

次回でも、試してみることにしようと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

SNSの親父仲間、あれこれ

LINEで送る
Pocket

Facebook、Twitter、Line、LinkedIn、Tumblr、Pinterest、Instagram、Swarm、EyeEm……いわゆるSNSなのだが、他にもたくさんあって、片っ端から登録して使っている。

ベトナム独自のサービスもまた面白い。

ITリテラシーのギャップが凄い僕らオヤジ世代

僕らぐらいのオヤジ世代になると、パソコンもろくに触らないという人もいて、SNSなんてもってのほかの人もわりといるのだが、中には逆に、若者に負けないくらい詳しい人がいたりして、このITリテラシーのギャップが凄い。

若い人たちは、誰もがそこそこは使っていて、ある程度の「標準値」があるだろうけどぼくらオヤジ世代にはそれがないのかな、という気がする。

SNS界隈をやたらと歩き回る「ネット親父」たち

冒頭に掲げたSNSは僕が私生活や仕事で使っているサービスで、頻度の多少はあれど、とりあえず使っているといえるもので、他にも登録したけど、それきりになっているものも少なくない。

いろいろな新しいSNSに接して、まずは登録し、使い出してみる。SNSであるゆえに、つまり、Social Network Serviceであるがために、そこで他人と交流するのが目的だ。

多くのサービスでは、登録すると、FBなどですでに知り合いの人を紹介してくれる機能がついているが、そこを見ると、いつも似たような名前が並んでいる。つまり、僕と同様にSNS界隈をやたらと歩き回っている人が他にいるのだ。

こういう人たちを僕は親しみを込めて「SNS親父」とか「ネット親父」と呼ぶことにしている。

親父仲間は凄腕のビジネスマン

こうした代表的な親父仲間がBさんで、たいてい新しく見つけたSNSに登録すると最初に出てくるのは彼だ。あるいは、僕が先んじても、程なく彼は後からやってくる。

このBさん、家業を継いだ三代目で、行き詰まりかけていた会社をインターネットを活用することで、息を吹き返させ、さらには以前よりもどうやら大きく羽ばたき、海外市場まで開拓しようかという凄腕の親父なのだ。

数年前に仕事がらみで出会い、協業の道を探ったのだが、結局ならず、以来、取引はないのだが、スマホやパソコンを手にすると、いつでも現れるので、遠くにいるような気がしない。毎日会っている気分だ。これがまさにSNSの効用(?)だろう。

SNSは距離を縮める

つい先日、ベトナムでの駐在任期を終え、日本に帰国するという取引先のHさんに会って、「久しぶりですね。ご無沙汰しておりました」と挨拶すると、彼は「いや、僕はあんまり久しぶりっていう気がしないんですけどね」と返された。

僕がきょとんとしていると、彼はFBでしょっちゅう会っているような気がするというのだ。彼はほとんど発信せずに、来た情報を受けていることが多いからなのだろう。

ともかくSNSを使って、毎日何かを発信していれば、それを見ている人との距離は縮まる。

地理的な距離より、心理的な距離のほうが、仕事でもプライベートでも重要だと思う。

近しい関係があることに越したことはないと考えるのである。

 

 

LINEで送る
Pocket

「帰れTシャツ」のデザイン決定!

LINEで送る
Pocket

今日はオランダに住む娘の15歳の誕生日だということもあって、楽しく乾杯したい気分。

それに合わせるかのように、先日からの「帰れTシャツ」のデザイン・コンペの選考が終了し、当選作品が決定した。

当選作品はこちら。
b011  w001
今回のデザイン・コンペは造形のプロの方にも参加いただきたくて、クラウドソーシングでの公募という形をとったのだが、結果的には、番組に愛着を持って見てくれた方の作品を選ぶことになってしまった。ファンの方々の熱い思いが私の心に響いたということだろう。

デザインしていただいたのは「西沢おやびん&ハウウバー友の会」という、熱心なウルトラクイズ・ファンである西沢おやびんとその仲間の皆さん。決定後も私の細かな修正要望のひとつひとつに丁寧に根気強く対応いただいた結果、素晴らしい作品が完成した。

ここに心よりお礼申し上げる。

このデザインでは、Tシャツは白地と黒地の2色なのだが、生地の手配次第で、ひょっとしてベージュとネイビーに変更することも検討している。皆さんからのご意見もいただけると参考にしたい。

なお、Tシャツの販売開始については、12月初めを予定しているが、詳細は追ってご連絡したい。

皆さん、宜しく。

 

 <お知らせ> 
今年2015年の年末、東京でMan of the Year Seniorというクイズの大会及びパーティーを行うことになりました。これは私たちが学生時代に毎年年末に行われていた学生クイズ日本一決定戦のシニア版です。一般の方も見て楽しめる内容になると思います。
皆さん、是非お越しください。
開催日:2015年12月26日
開催場所:東京ウィメンズプラザ(渋谷区神宮前5-53-67)
詳細は公式サイトからどうぞ。FBページツイッターでも随時情報を発信しています。

 

LINEで送る
Pocket

「帰れTシャツ」のデザイン・コンペに関わってくれたすべての皆様へ感謝!

LINEで送る
Pocket

先日より、このブログ上で参加を呼びかけていた「帰れTシャツ」のデザイン・コンペは一昨日夕方をもって、提案募集を終了。

最終的に14名の提案者から32件の応募作品が集まった。現在、選考中である。応募作品を見たい方は下記よりどうぞ。

<「帰れTシャツ」デザイン・コンペ応募作品一覧> (人気投票も可能)

第13回アメリカ横断ウルトラクイズは26年も昔の出来事。その中の第9チェックポイント・ショットオーバーでの、僕と長戸がお互いを帰れと罵り合う場面はいまだに視聴者のファンの記憶に残っているらしい。ツイッターでそうしたウルトラクイズ・ファンの方々と話しているうちに、26年前日記同様うまくのせられて、Tシャツ作りについても、ついやりましょうと言ってしまった。こんな酔狂な企画に参加してデザインのアイデアを出してくれた皆様、さらには、公募を広く呼びかけてくださった皆様、まずはここに深く感謝を申し上げる。

来週中には決めてしまい、12月からの販売に間に合うようにしたいと考えている。

年末のマンオブシニアに参加される方々には是非着て来てほしいなあ。

 

 <お知らせ> 
今年2015年の年末、東京でMan of the Year Seniorというクイズの大会及びパーティーを行うことになりました。これは私たちが学生時代に毎年年末に行われていた学生クイズ日本一決定戦のシニア版です。一般の方も見て楽しめる内容になると思います。
皆さん、是非お越しください。
開催日:2015年12月26日
開催場所:東京ウィメンズプラザ(渋谷区神宮前5-53-67)
詳細は公式サイトからどうぞ。FBページツイッターでも随時情報を発信しています。

 

LINEで送る
Pocket

Flickrと格闘中

LINEで送る
Pocket

ブログやサイトに記事を書くようになって、写真も数多く撮るようになった。今では、どこに出かける時もデジカメを携帯している。

携帯電話のカメラでも撮れなくはないが、デジカメのほうが決定的一瞬は撮りやすい。画素数も大きく、後で編集してもきれいな画像が残る。

スマホのほうはすぐにFBなどのSNSにアップできるので、これはこれで使い勝手がいい。

時と場合によって使い分けている。

デジカメの写真は画素数が大きいので撮っていると保管場所に困るようになった。

クラウド型のサービスがどこでも使えて便利なうえに、無料のものも多くなったので、この3年前くらいからそちらにすべて移してしまっている。

以前は15GBまでGoogleドライブを使っていたのだが、15GBというのは意外に小さくて、ほとんど毎日のように何かを撮っているとすぐにいっぱいになってしまう。1年ごとに新しいg-mailアカウントを作って、それ用のドライブを作っていたが、今年は半年でいっぱいになり、この先のことを考えると心配になっていた。

なにかいい方法はないかと探していて、見つけたのがこのFlickrというサービス。

WikimediaImages / Pixabay

なにしろ無料で使える容量が1TB(1GBの1000倍)というから、他を圧倒。Googleドライブの60倍以上の容量だ。

元々は撮った写真を保管することを主目的にして使い始めたのだが、ブログなどに写真を掲載するにも使い勝手がいい。

このブログはワードプレスで作っているのだが、Flickr-Pick a Pictureというプラグインを入れており、これを使うとワンクリックで写真が挿入できる。

Flickrには転載可能な写真が大量に収められていて、これも便利なのだが、それを使用する際には著作権表示をしなければならない。だが、これもFlickr-Pick a Pictureを使えば、ワンクリックで可能になる。

ただ、いかんせん、私自身が初心者で、まだ十分には使いこなせていない。それで、日々格闘している最中というわけだ。

使いこなせるようになったら、改めていろいろな機能をご紹介したい。

LINEで送る
Pocket

オクトーバーフェスト

LINEで送る
Pocket

FBを見ていると、毎年、この時期にヨーロッパを旅行する友だちがいる。追跡していくと、辿り着くのが、このドイツのミュンヘンで開催される世界最大のビールの祭典。

Romi / Pixabay

オクトーバーフェスト(独:Oktoberfest)と呼ばれるが、現地ドイツで実際に開かれるのは9月の半ばから。

ベトナムでも在住のドイツ人らがこの時期にはソワソワウキウキ。こちらは10月になってからだが、皆、楽しみにしているようだ。呑兵衛の気持ちは世界共通。僕にも十分理解できる。

それで、先週末にはドイツ人が経営しているBBQ屋に飲み友達と繰り出した。

DSC_0266

飲める友人とはいつものように生ビールをタワーでいくはずだったのだが。

なぜか知らないが、「今日はない」との答え。

ドイツ人がすでに飲みきったのか?

  DSC_0262
BBQはいつものようにたらふく食べたが、ビールにはちょっと不満が残った。

 

LINEで送る
Pocket

「帰れTシャツ」のデザイン・コンペ、いよいよ佳境に!

LINEで送る
Pocket

先日来、このブログでも宣伝していた「帰れTシャツ」のデザイン・コンペの募集期間が残りあと3日を切った。

10月2日19時(日本時間)現在で、9名の方々から18件の応募が集まっている。

最初は雲を掴むような話だったのも、応募作品が集まるにつれて、目指す方向性が明らかになっていっている。

募集のシステムはプロのデザイナーさん方にもお声がけをできるので、目一杯その機能を使わせていただいている。流石にプロの方々は与えられた条件の中でうまくまとめるなあと感じる。

一方で、デザインの専門家でない一般のTV視聴者もコンペには参加できるので、そうした方々の応募もある。デザインのプロでなくとも、ウルトラクイズにかける情熱がデザインの中にありありと表現されていたりして、こちらもなかなか見逃せない。

Tシャツそのものは、今月、来月で作り上げて、12月初めくらいから販売したいと考えている。

デザインは、その第一歩。

あと3日間。さらに素晴らしい作品が集まることを期待している。

是非、みなさん、宜しく。

デザインのできる方はご応募を、できない方はこの記事や関連の情報をシェアあるいはリツイートしていただけると幸いだ!

P.S.:この公募システムには人気投票もできる機能が付いているので、見て気に入ったのがあったら、ボタンをクリックしてみてほしい。皆さんの意見も参考にしたいので。

 

 <お知らせ1> 
ファンの皆様のご要望にお応えして、ショットオーバーの大声クイズをテーマに「帰れTシャツ」を作成、販売することになりました。現在、下記のサイトにてデザインを募集しています。デザインの腕に自身のある方は是非ご応募ください。
[「帰れTシャツ」デザイン募集のページ]
 <お知らせ2> 
今年2015年の年末、東京でMan of the Year Seniorというクイズの大会及びパーティーを行うことになりました。これは私たちが学生時代に毎年年末に行われていた学生クイズ日本一決定戦のシニア版です。一般の方も見て楽しめる内容になると思います。
皆さん、是非お越しください。
開催日:2015年12月26日
開催場所:東京ウィメンズプラザ(渋谷区神宮前5-53-67)
詳細は公式サイトからどうぞ。FBページツイッターでも随時情報を発信しています。

 

LINEで送る
Pocket