ベトナム

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
Pocket

ホーチミン高島屋の目玉は日本の「デパ地下」

LINEで送る
Pocket

今サイゴンでは2016年7月30日に開業した日本のデパート高島屋の話題でもちきり。

とくに、現地在住の日本人社会の中でも駐妻(駐在員妻)をはじめとする女性に大人気だ。

サイゴンの中心部に建つサイゴンセンタービルの一角

 

#高島屋ベトナム

美記雄 秋利さん(@saigonsaigon1995)が投稿した写真 –

ホーチミン高島屋はサイゴンのまさしく中心部レロイ(Le Loi)通-ナムキーコイギア(Nam Ky Khoi Nghia)通-パスター(Pasteur)通に囲まれた区画に建つサイゴンセンターの一部をなしていて、アクセスは抜群にいい。

地上3階、地下2階の5フロアなのだが、隣のサイゴンセンターと一体化しているために地上5階まであるように感じられる。

私も開業日に入った時には気づかず、後日改めて高島屋のフロアガイドを見て、ようやく把握できた。

消費者としては、多くの店舗が入っている充実した空間が広い分には大歓迎だ。

ホーチミン高島屋の現地ウェブサイトは下記URLから。

Takashimaya Vietnam: http://www.takashimaya-vn.com/consumer/vn

現地のショッピングセンターでは、テナントがいっぱいに入っていなくても、開業する例も珍しくないが、さすがに日本の高島屋はしっかりしている。サイゴンセンター側のいくつかのテナントはまだ開いていなかったが、まもなくフルオープンすることだろう。

B2には日本と変わらぬデパ地下があった

現地の日本人の駐妻らにとくに人気なのが地下2階の食品売場のフロア。

いわゆる「デパ地下」が日本と変わらない恰好で登場したのだから。

気になるお店のご紹介(動画あり)

B2の「デパ地下」に並ぶお店の一部をご紹介しよう。

  • PHEVA(チョコレート)
  • 麻布茶房(お茶・アイスクリーム)
  • アトリエ市(和菓子)
  • スターキッチン(ケーキ)
  • 中島水産(寿司・刺身)
  • 源吉兆庵(和菓子)
  • ユーハイム(バームクーヘン)
  • 神戸風月堂(洋菓子)
  • ROYCE(チョコレート)
  • 日本橋屋(和菓子)
  • 福寿園(お茶)

地元で有名な高級食材スーパーのAnnam Gourmet Marketも大きなスペースをとっていて、野菜や果物といった生鮮食料やチーズなどの輸入食材まで揃っている。

【動画】ホーチミン高島屋B2グルメ街

 

日本と変わらないデパ地下の雰囲気が感じられるではないか。

「デパ地下」の一番人気は…

 

山崎パン! 今日も、カレーパンは、買えず。。。。 #高島屋ホーチミン #ホーチミン#胡志明 #hochiminh #サイゴン #saigon #西貢

ABMETALさん(@abchan48)が投稿した写真 – 中でもデパ地下での一番人気は山崎パン。

この「デパ地下」での一番人気はベトナム初進出組の山崎パン。

そして、中でもみんなの目当てはカレーパンで、どうやら山崎パンのカレーパンの争奪合戦が起こっている模様。いつ行っても買えないことから「幻のカレーパン」と呼ばれているらしい。

高島屋への期待は高い

デパ地下のテナントの大半はベトナム初進出組で、日本の大手のデパート高島屋の進出への期待は高さを感じさせる。

先に進出したスーパーのイオンとともに様々な日系小売業者の進出の母艦となっていくことだろう。

LINEで送る
Pocket

オバマ大統領がハノイで入ったブンチャー屋はここ!

LINEで送る
Pocket

ベトナムに訪問中のオバマ大統領が世界的な人気シェフ、アンソニー・ボーディンとブンチャー屋で食事したのが話題となっている。

アンソニー・ボーデインをご存じない方のためにwikipediaから抜粋。

アンソニー・ボーデイン(Anthony Michael “Tony” Bourdain, 1956年6月25日 – )は、アメリカ合衆国の作家、シェフ、番組司会者である。著書に「シェフの災難」、「キッチン・コンフィデンシャル」等がある。

さらには、ブンチャーはハノイで一番好まれている昼食のメニューだと言えるくらい一般的な麺のメニュー。

お昼時になると街の路上のいたるところで肉を焼いていて、いい匂いが漂ってくるが、これはみんなブンチャーの用意をしているわけだ。ハノイの人がふつう食べているのは、フォーより断然ブンチャーであることは間違いない。

ボーディン自身が、ブンチャー食べてハノイビール飲んで$6だったんで、俺が払っといたわ、とつぶやいている。

アメリカ大統領と、シェフにして、作家でもあるアンソニー・ボーディンの2人の夕食がわずか$6。

どこかのハゲ都知事にもこの食事の様子を見せてやったほうがいいじゃないだろうか?

金を湯水のように使って評判落とすより、これだけ安い食事することで人気をとるほうが政治家としては断然賢い。

彼らが入ったお店はレバンヒュー(Lê Văn Hữu)通にあるブンチャー屋フーンリーン(Hương Liên)(住所:24 Lê Văn Hữu)。

この界隈では、近くのフォーガーが有名だが、以前お客さんをアテンドしているときにブンチャーのリクエストがあり、たまたまこのブンチャー屋でお昼にブンチャーを食べた記憶がある。たしかに美味しい店だった。

Google Mapの店のレビューにも早速大統領がやってきたことのコメントが追加されている。

ハノイの昼飯といえばブンチャーだし、今日のお昼はハノイではきっとみんなオバマ大統領のことを話題にしながらブンチャー食べるんだろうなあ。

このブンチャー、ここで紹介したフーンリーン以外にも地元の人に支持されている有名店は多数ある。

ハノイ、サイゴン、さらには日本のベトナム料理店でも食べられる時代だ。

旨いブンチャーが食べたい人は下の記事も参考になると思う。是非ご一読いただきたい。

<決定版>ブンチャーの旨い店はここだ!

 

 

LINEで送る
Pocket

紀伊國屋書店と業務提携したFAHASAが日本語書籍販売開始

ファハサ、日本語書籍販売開始
LINEで送る
Pocket

日本の紀伊國屋書店と業務提携したベトナムの大手書店FAHASAで日本語書籍が販売されていることが話題となっている。

ちょうど日本語書籍の販売開始となった5月12日にブルネイに住む友人がやってきて、ベトナムは日本語の本が豊富でいいですねと言う。

彼も私も15年以上と海外在住期間が長い上に彼は物書きの端くれなので、この手の話題には当然興味津々。

私はニュースで知っていたのだが、どうせ販売価格がべらぼうに高いのだろうと勝手に想像し、斜に構えていた。

友人によると、ブルネイ在住の日本人は買い出しにはシンガポールに行くらしいのだが、シンガポールは、本だけでなく物価全般に高い。私自身、二十年前以上にシンガポールに2年弱住んでいたが、そのときすでに物価の安い国ではなかったので、今ではずいぶん高くなったのだろうという想像はつく。

日本での販売価格の倍以上もすると、買う気は失せてしまうものだ。その彼が、日本での販売価格の30-40%増しくらいというので、まあ、お手頃価格と言えよう。

それで、セール中に行ってみようと思い立ち、店を訪れた。

まずは、中心街にあるグエンフエ店。

入口入ってすぐの日本語コーナーにはベトナム人のお客も多数。

Japanese education books in FAHASA

Chinese charactor lesson books

日本語学習者用の書籍は充実。

Murakami Haruki

ほとんどの長編小説がベトナム語に翻訳されている村上春樹はベトナムの若い人たちの間で人気。

日本語の学習用と手芸用の書籍がかなり大きな売場面積を占めていて、他に小説・実用書・漫画などがおいてあった。地元の顧客向けということなので、ジャンルに偏りがあるのはやむをえない。日本人のぼくとしては、暇な時に読む本はないものかと物色したが、興味をそそる本を見つけられずに、結局、何も買わずに出てきてしまった。

12,000点の書籍を販売との謳い文句があったが、まあ、そんなものなのかも。

中心街のグエンフエ店の他に、タンディン地区の支店(ハイバーチュン通の教会側)でも日本語の書籍販売は行われている。

ファハサ タンディン店

2階の外国語書籍のフロアに混じって日本語書籍の一角が作られていた。

日本の子供用の本

 

周囲が住宅地だということもあって、置かれている本のジャンルは多少違っている。

日本料理の本

子供向けの本や主婦向けの料理本が多い。

日本語書籍販売開始セールは明日までで販売価格は10%引き。

HCMC在住の方で日本語の本が恋しい方はちょっと寄ってみてはどうでしょうか。

LINEで送る
Pocket

ベトナムにも郵便番号はある

郵便番号
LINEで送る
Pocket

20年以上ベトナムにいて、知らなかった、ベトナムにも郵便番号があったとは。

だけど、それもそのはず。

誰も知らないし、だから、使わないベトナムの郵便番号

まず、周囲のベトナム人に訊いても、郵便番号のこと自体を誰も知らない。これを話題にすると、逆にそこから説明してやらないと話は進まない。長年在住の日本人仲間に訊いても、知らないという返事が戻ってくるばかりだ。だがら、当然誰も知らないし、誰も使わない

海外に住んでいたり、頻繁に出かけるベトナム人だけが他国には郵便番号というものがあるということを知っている程度で、そんな人たちだって、ベトナムに郵便番号があることすら知らない。

何かと便利な「何でも電話相談」というのがベトナムにはあるのだが、その番号1080に問い合わせても、郵便番号なんてないと言われるらしい。

僕が自分なりに調べてみると、ベトナムの情報通信省が郵便番号を使おうと決定したのは2004年のことで、実際に各地域の郵便番号が発表されたのは、それからさらに5年経った2009年だったという事実に突き当たった。

この郵便番号「発見」の経緯は、といえば…

日本のお客さんから、中国から荷物を送るに際してどうしても郵便番号が必要だと言われたのが、調べてみるきっかけだった。

初めは、ベトナムには郵便番号はありませんから、郵便番号欄には記入できませんと答えていたのだが、そのお客さんが、ベトナムにも6桁の番号があるはずだ、と強く断言されたもので、ひょっとしたらと思い、ネットで検索してみると、確かにいくつか出てくる!

それで、ちなみに我が社の番号は何番かと思い、いくつかのページで調べていくと、なんことはない。

ホーチミン市は全域で 700000
ハノイは全域で    100000

頭2桁で市や省を区別しているのだが、下4桁は細かく決められていないということのよう。
これでは普及するはずない。

本当の郵便番号を掲載しているサイトはここだけだ!

それでも、この、人を小馬鹿にしたような番号にちょっと腑に落ちないところがあったので、さらに調べてみた。そしたら、ついに本当にあった、郵便番号らしい番号が。

地域ごとに細かく番号割されて、本当に意味のある6桁の番号がとあるサイトに掲載されていた。

GeoPostcodes ・・・GeoData Ltd.(本社:ドバイ)が運営する世界中の郵便番号を網羅したサイト

このサイトで調べると、我が社の郵便番号は722609だった。

ベトナムの郵便番号が必要な方はこのサイトで調べるといい。

いつかベトナムでも郵便番号が使われる日が来るのか?

でも、自分の会社や家の郵便番号知っている人なんて、たぶんいないだろうし、実際、今はなくても、あるいは、間違っていても、送られてきた荷物はちゃんと届いているし、誰も不便に感じていないように思う。

しかし、今年年初のニュースでは、日本の 総務省とベトナムの情報通信省との間で「郵便分野における協力に関する覚書」を締結し、両国郵便間の協力関係構築支援、日本企業によるベトナムにおける郵便・郵便 局を活用したビジネス展開の支援等について合意した、と報じられた。

そして、それを受けて、この7月には続報が…

ベトナムで郵便改善支援へ=国営会社とコンサル契約-日本郵便

郵便分野で協力する覚書に署名した日本郵便の高橋亨社長(右から3人目)とベトナム郵便のトゥアン社長(4人目)=7日、東京都千代田区の総務省

日本郵便は、ベトナムで郵便業務の改善を支援する。同国国営のベトナム郵便とコンサルティング契約を6月に締結し、7日には両社間で協力覚書を交わした。今秋に株式上場を計画する日本郵政の中核会社として、日本郵便は海外展開の加速を目指す。契約料は公表していない。日本郵便は、日本政府によるミャンマー支援の一環として同国で郵便業務の改善に協力しているが、海外の郵便会社と商業ベースでのコンサルティング契約を結 ぶのはベトナムが初めて。日本政府が重視するインフラ輸出に絡み、日本のメーカーが手掛ける郵便物区分機などの輸出にもつなげたい考えだ。(2015/07/07-16:41)

こうなってくると、いつの日か本当に郵便番号が使われるようになるかなと思われてくる。

10年後くらいには、この国でも郵便番号が使われているのだろうか?

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コスプレ大会inHCMC

LINEで送る
Pocket

先週のことになるが、HCMCでジャパン・フェスティバルという催し物が開かれ、その中のプログラムでコスプレ大会があった。

私自身は、アニメだとかコスプレだとか、まったくわからないのだが、どんなものか、ちょっと見てみたい気がして、会場まで出かけた。

00-2014-11-16 15.25.51

会場はニューワールドホテルの脇の9月23日公園。サイゴンの中心でいろいろな催し物の会場となっている。

00-2014-11-16 15.26.03-2

メイン舞台のディスプレーには日本を感じさせる映像が流れる。

00-2014-11-16 15.25.14

各県からの観光プロモーションのブースなどが出展。

00-2014-11-16 15.27.05-2

同時に、在越企業のブースもある。各社ここぞとばかり、しっかりアピール。

 

00-2014-11-16 15.34.54

いよいよコスプレ大会の開催。2日間連続の大会で、チャンピオンを決める。

00-2014-11-16 15.35.24-1

よく知らないんだが、日本からのゲストだとか。おそらくその筋では有名な人なのでは? ご存じの方、いらしたら、教えてください。

00-2014-11-16 15.41.46-1

00-2014-11-16 15.41.26

00-2014-11-16 15.44.52-2

00-2014-11-16 15.44.58

00-2014-11-16 15.49.55

00-2014-11-16 15.50.54

00-2014-11-16 15.59.13

決勝に残った5組の演技は、どれも素晴らしい。日本をテーマにした大会ということもあってか、和装姿の出し物が目についた。太刀回りなんて、相当練習したんでしょうね。

00-2014-11-16 15.27.31

舞台の外では、こうしてコスプレスターたちと記念写真。

00-2014-11-16 16.07.31-1

若い女性たちのドレス姿は華やか。

00-2014-11-16 16.04.56

被り物も人気。

00-2014-11-16 16.09.23

00-2014-11-16 16.10.15

最後には結果発表があって、優勝者らは日本での大会の参加資格があたえられた。

00-2014-11-16 17.13.36

クール・ジャパンな1日だった……

LINEで送る
Pocket

ベトナム美女たちの展示会

LINEで送る
Pocket

いろいろと期待して行った昨日の展示会が不発だったので、ちょっと見方を変えて振り返ってみたい。

題して「美女たちの展示会」。私の独断で選んでみた。

トップバッターはこの娘さん。

@2014-11-01 11.56.58

健康的な褐色の肌に黒のドレスがよくお似合い。

続いて、ちょっと遠目から撮ったショット。

@2014-11-01 11.22.22-1

ちょっとアンニュイな表情がいいかと。

韓国の物産展ということで、お約束通りチマチョゴリ姿の女性も。

@2014-11-01 10.45.41

素朴な笑顔に魅了される方もいるのでは?

趣向を変えて、お笑いのステージをやっていたこの女性芸人はいかがでしょうか?

@2014-11-01 10.49.25

ベトナムのおっかさんを代表しているような感じかな。

さて、いよいよご紹介するのが、私のイチオシの美女。

どーだ!

@2014-11-01 11.07.12

南国の太陽、そのままの笑顔だ!

だが、

彼女がNo.1かと思ったら、ウワテがいた。

@2014-11-01 11.20.20

 

 

LINEで送る
Pocket

行ってみたら、韓国物産展だったよ、おっかさん。

LINEで送る
Pocket

子供用品の国際展示会がベトナムで初めて開かれるというので、ちょっとばかし気合を入れて土曜の朝に出かけた。

@2014-11-01 11.25.54

会場は7区にあるサイゴン展示会議場。ホーチミン市に在住の方には新しい方の展示会場といったほうがわかりやすいかもしれない。

@2014-11-01 10.34.22

タクシーで会場入口に乗り付けると、いきなり子供連れの家族がワンサカ。この時点で「しまった!」と思ったがもう遅い。企業同士の取引というより、一般消費者のための物産展なのだ。

当日は、小売フランチャイズ展示会も同時に開催されているという情報を得ていたので、子供展もそこそこにそちらに早く移動しようとさえ思った。

@2014-11-01 10.35.30

@2014-11-01 10.34.33

だが、実はこの2つの展示会はいずれも韓国の商工会議所が仕掛けた展示会で、要するに韓国物産展だったのだ。

@2014-11-01 11.15.19

まあ、とりあえず様子を見るかと、ぐるりと会場を回った。

とにかく来場者が多い。一般の消費者を相手にしているから仕方ないだろうが、会場の中は人の波。土曜日の午前中に行ったのも良くなかったのかもしれない。が、韓国企業とすれば、ベトナムの一般消費者に自社製品や会社の名前を覚えてもらうための良い機会なのだろう。

@2014-11-01 10.46.51

子供展のほうでは、日本企業で目についたのは2社だけ。

@2014-11-01 11.21.53

明治乳業は粉ミルクなどの乳製品でベトナムですでに圧倒的な知名度を誇る。

@2014-11-01 10.51.50

もう1社は明光義塾。個別指導の学習塾だ。日本の学習塾まで海外に市場を求める時代なのだ。

@2014-11-01 11.09.40

会場を隅から順番に歩いて回っていると、そのうち、なにやら子供用品と思えない商品のブースが多くなった。一般の物産展みたいだなと思って、会場の端まで行き着くと、小売フランチャイズ展示会の看板が目の前に。

同じ会場にパーティションもなしに、2つの展示会が隣接していたのだ。道理で子供用品以外もあるはずだ。

@2014-11-01 10.38.21

会場では講演やセミナー、商品紹介のデモンストレーションなどもあり、訪問客を退屈させない仕掛けがふんだんに盛り込まれていた。

@2014-11-01 11.11.35

私が行ったときに好評だったのはシンガポールのレストランのショーで、一般訪問客のみならず、出展者の中にも自分の仕事そっちのけで見入っている者が多数いた。

@2014-11-01 10.43.14

いやはや。ベトナムの展示会は今もどこも無料。だから、一般庶民の行楽の場と化すというわけだ。

 

 

LINEで送る
Pocket

第14回国際繊維製品展示会(VTG2014)を見学

LINEで送る
Pocket

秋の繊維展示会が一昨日から始まっていた。

昨日行く予定だったのだが、行きそびれていた。

毎年の恒例行事で、こちらはアパレルの展示かというよりも機械の展示会の性格が強い。正直のところ、あまり力が入らない。

DSCN6097

ホーチミン市には現在2つの国際展示会場があり、このタンビン国際展示会場は古い会場。

ちょうど機を同じくして、新しくできたサイゴン展示会議場(SECC)でも、ベトナムで初めての国際ベビー&キッズ用品展示会(Vietbabyfair 2014)が開催されている。明日はそちらも見学に行く。

DSCN6106

日本の刺繍機メーカーは常に人気の筆頭。

DSCN6113

今回はプリント設備が充実していたような気がする。

DSCN6108-4

カメラを向けると恥ずかしながらも応えてくれた。

 

LINEで送る
Pocket

ホーチミン市中心部の交通状況

LINEで送る
Pocket

出張に出ていた10月中旬にNguyen Hue通りの改修工事が始まっていた。この通りの交通規制の余波で周辺の道路状況はかなり酷い。

Mac Thi Buoi通りからSun Wah Towerへは歩いて通りを横切ることもできないし、Le Thanh Ton通りも通れない。行先によってはかなり大回りしないといけない。

Nguyen Hue通りに面するホテルや店舗はなんとか営業している。

昨日タイから出張で来ていたお客さんは通りに面したKim Doホテルに宿をとっていたと言い、非常に不便を感じていた。

工事は来年の4月末まで続くというから、それまでの期間の来客には注意を呼びかけたほうがいい。

営業妨害するつもりはないが、Rex Hotel、Kim Do Hotel、Duxton Hotel、Palace Hotelといった通り沿いのホテルは避けたほうがいい。

2014-10-30 14.12.30

Pasteur通りもこんな交通状況だ。

Rex Hotelの裏でタクシーに乗ろうとしたら、ホテルの人やタクシー会社の人らが3人掛かりで車を呼び止めてくれた。

Nguyen Hue通りに近い、Pasteur通り、Hai Ba Trung通り、Dong Khoi通りは工事が終わるまでは相当混雑が続くだろう。

 

 

LINEで送る
Pocket

New Road to Nam Dinh

LINEで送る
Pocket

New road to Nam Dinh

ハノイからナムディンまでの道路が完全に整備されていた。

Phap Van – Ninh Binhの高速道路をPhu Ly近くで降りて、左に進路を取る。

以前工事中だった新道はNam Dinhまで貫通していた。

快適そのもの。

これで、ハノイのCau GiayからNam Dinh市内まで1時間半で着く。

ナムディンがまたずっと近くなった。

 

 

LINEで送る
Pocket