乾季の終わりの連日35℃強の暑さをクミンティーで凌ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
LINEで送る
Pocket

今日は中心街に出かける予定があったので、ちょっとサイゴン市場(ベンタン市場)に寄って買い物。

切らしていたクミンシードを買いに行った。

雨季直前の乾季の終わりは例年暑さが一年中で一番厳しい時期だが、今年はラ・ニーニャ現象

それがとくに激烈さを増している。

水分補給が必要なとき、クミンティーを水代わりに飲むようにしている。

ふつうにお茶を淹れる時のように湯を沸かして、スプーン一杯分のクミンシードを放り込んで煮込むだけ。

ただ、熱湯に入れる前に炒ったほうが香ばしくていいという人もいるが、僕はやったことがない。

免疫UPと、デトックス効果があるそうな。

だが、何より胃腸が弱っている時にはいいらしい。

抗酸化物質であるクミンアルデヒドが含まれていて、老化防止にいいというので、積極的に飲むようにしている。

Cumin seed

ぼくがサイゴン市場でこのクミンを買うのは、カレーのスパイス各種を販売しているAnh Haiのお店。

100g買ってわずか20,000ドン(100円)だ。これで当分もつ。

Curry Anh Hai

日本でも簡単に手に入る時代です。

暑い季節にはいいのではないでしょうか。

皆さんも、是非どうぞ。

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。