夕食に空芯菜炒め

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
LINEで送る
Pocket

stir fried kang kong with pork

最近、ダイエットに力を入れていて、思いついたのが、空芯菜ダイエット。

夜の食事がどうしても重くなりがちなので、これを軽くするにはどうすればいいかと、いろいろなサイトを見ながら、知恵を絞ってみた。

夕食にごはんを食べるのは、もうすでにやめてずいぶん経つ。

食事の最初に野菜を摂るのがいいということなので、頻繁にサラダを作って、最初に食べるようにしている。

だけど、レタスやトマトなどを中心にしたサラダだと、どうしても空腹感が残る。

それで、何かいい方法はと考えていたところ、空芯菜に行き着いた。

ベトナムの現地の人たちは、この空芯菜を茹でて、唐辛子を入れたヌクマム(魚醤)につけるだけで食べる。

これは茹でたても美味しいし、冷めても悪くない。

茹でただけなので、嵩の目減りは少ない。

これだけ食べていても、腹に溜まる感じがする。

あの細い、彼らベトナム人らがいつも食べているというのが、ダイエットに効く、何よりの証拠ではないか!

 

前日から残った空芯菜があって、前日よりもちょっとしなびた感があったので、今日は炒め物にした。

豚肉とのコンビネーションが抜群!

空芯菜は英語ではwater spinachとかmorning gloryとかいう言い方があるが、

思い返せば、シンガポールに住んでいたころはkang kongと呼んでいた。

あの頃、ホーカーと呼ばれる屋台でしょちゅう食べた豚肉と空芯菜の炒め物(fried kang kong with pork)を作ってみた。

空芯菜は洗うのが手間だが、洗ってしまえば、切って炒めるだけだから、実に簡単だ。

今日は、残念なことに、ニンニクを切らしていたために、ニンニク無しで、オイスターソースだけでの味付けとなった。

でもシンプルで、簡単に作れて、それでいて、栄養のバランスも悪くない。

満足の一品であった。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください