第11代ウルトラクイズの王者にしてRUQS創設者–稲川良夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
稲川良夫
LINEで送る
Pocket

僕が創設した名古屋大学のクイズ研究会は昨年末に30周年を迎え、昨年は盛大な記念パーティーを行ったのだが、その際に聞いたのは、こうして30年以上続いているクイズサークルは極めて少ないとのことだった。

僕らより長い歴史を持つのは東京では、早稲田、慶応、東大、関西では立命館くらいで、我々名大はその次あたりに長寿のクイズサークルということになる。

年末に開催されるマンオブシニアはそうした老舗の大学のクイズ研のメンバーも多数参加する。

先日、我が名大の盟友・仲野を取り上げたので、今度はライバルに目を向けたい。

我々名大の長年のライバル校といえば立命館大学で、年末に行われている対抗戦は今年で26年目を迎え、対戦成績は名大の12勝14敗で、2つ負け越している。

1986年から一緒にマンオブに参加したが、ウルトラクイズの11回、12回、13回の3連覇あたりから、差をつけられてしまった。それまでは、互角以上と言ってもいいくらいだったのに。

その立命館大学のクイズサークルといえば、ご存知、RUQSで、その創設者が第11回の優勝者でもある稲川良夫氏である。

後輩連中からも「稲ちゃん」とか「ジジイ」とかの愛称で呼ばれる、親しみやすい性格のおじさんである。

そもそものきっかけはトリビアルパスート日本選手権で我々が上位独占したことを聞きつけ、どんなサークル活動をしているのが、彼が名大に遊びに来たことに端を発する。

以後、箱根の西側の大学クイズサークル同士で交流が始まり、学生日本一決定戦のマンオブには、仲良く大垣夜行で東京まで向かったものだ。

1986年の我々名大の完全制覇の時には、準決勝で、僕が稲川、長戸、鎌田という当時のRUQSの主力3人衆を通過クイズで破って決勝に進出したが、87年、88年にはRUQSに学生日本一の座を明け渡した。

稲川氏は岐阜の大垣出身で、大垣は完全に名古屋圏なので、出逢った当時(4+1)回生だった彼は卒業後の名古屋での社会人クイズ・サークルを作りたいという気持ちも腹の中に秘めていたらしい。

それで、彼に会って意気投合し、名古屋に社会人クイズ・サークルを作ろうということでできたのが、「どえりゃあもんくらぶ」である。僕も参加していた初期は、寺島満智子氏、五島滋子氏、宮崎良雄氏、宮崎武雄氏、加藤厚氏といった錚々たるメンバーが揃っていた。もちろん名大からは仲野も参加していて、企画担当として活躍してくれたが、これは仲野の紹介ページでも触れたので、ここでは繰り返さない。

そして、彼はこのサークルからちょっと足の遠のいた頃にあの「事件」が発生する。

「稲ちゃん」後楽園(ドームになる前)を通過するという「事件」だ。

毎年8月のウルトラで大物が予選を通過すると、9月になると、彼は今どこまで行っているという話題で毎日が持ちきりだった。

「稲ちゃん」の時も、どうやら敗者復活で名古屋に行ったらしいから始まって、日々刻々、次から次へ情報が入ってきていたことは憶えている。でも、どうやって入ってきていたのかはあまり定かでないのだが。

東京は、村田さんを中心としたホノルル・ルート、関西は関クイ-RUQSのルートで、あとは名古屋のどえりゃあもんのルートだったはずだ。

そして、稲ちゃんは、とうとう優勝してしまった。第11代のウルトラクイズの王者である。

昨日までは、簡単に叩いて捻り潰していた存在が、急に巨大な羨望の的に変身したことに、なんとも言えないやるせなさを感じたことはたしかだ。

アタック25での優勝というタイトルはあるものの、他はとくに目立った成績は残していない。でも、ウルトラクイズの優勝者というタイトルがあれば、それで十分すぎるわけだ。まったくもって羨ましい。

以後、90年代初めの日本一決定戦番組で何度か顔を合わせたりした程度で、それがある時、とんねるずの番組のコーナーでダイビングクイズをやって、僕が簡単に勝ってしまったのだが、あまりに面白くなさすぎてか、没になってしまい、オンエアされず終いだった。

彼自身、その後何年も経ってから、ふと思い出したように僕のことを「クイズティーチャー 秋利美紀雄」と題してブログに書いている。

……その後とんねるずの番組の1コーナーでダイビングクイズ(=1対1の対戦クイズでそれぞれがすべり台に乗り、クイズに正解すると相手のすべり台の傾斜が一 段大きくなっていって、先にすべり落ちたほうが負けというレトロクイズ)をやっていたとき、クイズ王対決と銘打った回で、僕が呼ばれたことがあった。相手 はなぜか秋利。本番では僕と秋利が1問ずつを答えてお互い1段階ずつアップした3問目、秋利が答えて僕のすべり台がもう1段あがったところで、僕はこらえ きれずにあっけなく風船の海にすべり落ちた。「秋利がクイズ王対決に勝利」した瞬間なのだが、あまりにあっけなく勝敗がついてしまったため、その収録は結局オンエアされずにお蔵入りになってしまったのである。

ハウエバー稲川のパチンコ島通信」よ

 
最近はツイッター上でときどき会話したりもしている。
ツイッター上には、ウルトラファンの女性らも大勢いるが、愛される存在「稲ちゃん」は健在で、彼女らにも人気のようだ。

クイズトークライブ今年は7月にクイズジャパンのトークライブで、二十数年ぶりに顔を合わせ、当時の思い出話を語り合った。とにかくいっぱいしゃべりたい人なので、好き放題しゃべらせてやっていたら、ご満悦そうだった。話好きのいいおじさんであるのは、今も昔も変わらない。

年末のマンオブシニアも参加できることになったみたいだし、また会って当時の思い出話に花を咲かせることができると思うと、今から楽しみだ。

 

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*