秋利雄佑、2016年はメジャーでのドラフト指名なるか

秋利雄佑

親戚筋にアメリカ大リーグのメジャー入りに真剣に挑戦している者がいる。

従兄の甥っ子で秋利雄佑という。

身長185.4cm、体重81.6kgという日本人離れした体格を持つ大型SS。右投左打。

大阪生まれだが、高校時代には静岡の常葉菊川高校で甲子園出場を逃した経験を持つ。

その時の悔しさが彼を野球にいっそうのめりこませることになったのだろう。

一度日本の大学で野球をしていたものの、1年ほどでやめて、大リーグを目指すべく、アメリカに渡る。

2年間のカレッジを経て、

NCAAディビジョン1(=1部)メジャーリーガーも輩出する名門大、

カリフォルニア州立ノースリッジ校へ2014年秋の3年時から全額奨学金を受けて進学。

昨年2015年のMLBでもドラフト指名を期待されたが、結局、実現せず、今年に賭けている。

昨日のスポニチにはデッカく出ていたらしい。

新聞の大きな見出しを見ると、自分のことのように思えてしまう。日本でも我々一族しかいない名字だし。

日本のプロ野球のドラフトの候補にもなっているが

彼には是非頑張ってMLBのドラフト上位指名を勝ち獲ってほしいものだ。

 

1年ぶりのテレビ出演にファンともども興奮!

TV東京「イチゲンさん」

誕生日でのお祭り騒ぎも醒めやらぬ中、いよいよ年末に行われた「マンオブシニア」がテレビ放映される日がやってきた。

となると、やはり「帰れTシャツ」も再登場か!

ようやく今頃になって「帰れTシャツ」の意味がわかった若者もいる。若者といっても30代かひょっとして40代かもしれないが。

うれしいこと言ってくれるのはTシャツのデザイナーさん。

「帰れTシャツ」を着て、テレビ観戦している人に写真アップをお願いしてみた。すると…

こんなことで喜んでもらえてサイコー!

そして、いよいよ番組に登場。

おしゃけさん、ありがとう。こういうよくわかっている子のツイートに「いいね」♡つけたった。

だけども、予選の結果は…

テレビ東京「イチゲンさん」

テレビ東京「イチゲンさん」

 

クイズ研究会を題材にした漫画「ナナマルサンバツ」の作者・杉基イクラ先生からもツイートが。

期待に応えられずゴメンナサイ。

長戸帰れー!秋利帰れー!

知り合いからも突然ツイートが来たり。

そして、放映終了。

放映終わっても、興奮醒めやらぬファンの方も。

見逃しちゃった人は残念。

番組の感想をしっかり書いてツイートしてくださった方もいる。 クイズファンの期待に応えられてテレビ東京のスタッフの方々もうれしいのでは。

さらに、翌日になって…

寝ても覚めても、醒めやらない方には、是非これを!

まだまだ遅くないですよ、「帰れTシャツ」をほしい方はAMAZONでぽちっとやってくださいな。

それから、「帰れTシャツ」をお買い上げの皆さんは、AMAZONのカスタマーレビューへの書き込みも宜しく。

 

私の50歳の誕生日は「帰れTシャツ」祭りと化した

ホーおじさんと記念撮影

昨日はクイズファンの皆さんのおかげで楽しい50歳の誕生日を迎えることができました。

写真やメッセージを送ってくださった皆さん、

ありがとうございます。

DMやFBでもいただいたメッセージもあるのですが、twitterのタイムラインで「帰れTシャツ」を着てのお祝いを呼び掛けてもらったので、それを中心にブログに残して記念とさせていただきます。

呼びかけ人の一人qandaさんはわざわざ東京ドームまで行ってTシャツ姿を記念撮影。

よく見ると、素肌に半袖。この寒いさなかに、ご苦労さんでした。 盟友どろかばくんからも熱いエールが届く。

どろかばくんからは誕おめメッセージまでいただきました。ありがとう。

他にも、いろんな方から。

販売はひとまず今月末までの予定です。 欲しい方はお早めにお求めください。

写真はなくても、ともかくお祝いのメッセージはありがたいものです。

マンオブシニアが取材を受けたテレビ東京の番組の宣伝もちょうどいい具合に。

みんな顔出しNGなのがちと残念。DMでは顔の見られる写真もいただいたのだけど、ここで紹介するわけにはいかないだろう。差し支えない方は連絡ください。あとから、追加します。

ウルトラクイズbotでは懐かしい場面の再現シーンも。

初めて出場したクイズ番組は第8回ウルトラクイズ。今から30年以上も昔の話です。一瞬にして泥に消える場面が私の最初のTVクイズ出演でした。 そして、皆さんもご存じの通り、第13回ウルトラのショットオーバーではこんなやり取りがありました。

「帰れTシャツ」のルーツを追いかけていくと、この場面にたどり着くわけです。

話題は一転して、この10日間ほどドル円相場は急降下。結果からすれば、歴史的な大暴落と言っても過言ではないでしょう。

とくに、昨日は114円台から始まったのに、いったん110円台まで下がり、その後、113円台まで跳ね上がったりと、ドル円相場までがバンジージャンプのごとくの動きをしました。

 

まだまだ遅くないですよ、「帰れTシャツ」をほしい方はAMAZONでぽちっとやってくださいな。

それから、「帰れTシャツ」をお買い上げの皆さんは、AMAZONのカスタマーレビューへの書き込みも宜しく。

 

写真で振り返る年末年始の2週間の日本滞在(2015/16)

クリスマスの渋谷

2週間の日本滞在を終えて、今日ベトナムに戻る。
昨日あたりから寒さが厳しさを増してきたので、ちょうど潮時だ。

今回は日本の正月休暇を挟んで、仕事とプライベートでいろいろなイベントがあり、
2週間という長期の日本出張となった。

写真を軸にざっと振り返ってみたい。

12月23日(水)

中華航空にて台湾トランジットで成田へ。
フライトが1時間遅れだったので、成田に宿を取って正解だった。

back to Japan via Taipei

12月24日(木)

面談2件。
夜は大学の後輩と。

Mac Akasaka in Shibuya

12月25日(金)

面談2件。
夜は高校時代の同級生らと渋谷にて同窓会。

with high school mates in Shibuya

12月26日(土)

丸1日クイズ仲間との世紀の一大イベントを決行。

Before starting Man of the Year Senior

学生日本一決定戦のシニア大会を開催。伝説のプレーヤーらが一堂に会した。もちろん僕もそのうちの一人。 テレビの取材あり、サイン会あり、etc.で、まるでスター扱い。

Baltimore 4 +1

パーティーの最後の撮影会は大盛況。

Man of the Year Senior Party

クイズの大会に100名、観客160名以上が全国各地から参加。僕は海外からの参加。

Ogura Jun

クイズの司会の小倉淳アナと記念写真。

12月27日(日)

富士へ移動。
大学時代の友人と10年ぶりくらいに呑み会。

in a izakaya, Fuji

昔話に花が咲き乱れ、写真は最初の1枚だけ。

12月28日(月)

京都へ移動。
顧客との商談1件。

Unsplash / Pixabay

12月29日(火)

下関の実家に帰省。

Shimonoseki

12月29日-1月6日

正月休みを実家で過ごす。

raw fish

自宅ではいつものように魚三昧、刺身三昧。

1月1日(金)

初詣。

first visit to shrine of the year

家族で近所の神社に初詣。

 fortune

御籤は吉だが、微妙な文言が書き連ねられていた。

1月2日(土)

母の誕生日。

母の誕生日ケーキ

甥っ子、姪っ子など家族が集まり、お祝い。

 Go Home T-shirt

甥っ子をモデルに「帰れTシャツ」の写真撮影。

1月4日(月)

仕事始め。
電話での相談2件。

niekverlaan / Pixabay

1月6日(水)

中華航空にて台湾トランジットでベトナムへ戻る。

1989年のボルティモアの闘いは永遠に忘れない–長戸勇人

長戸勇人

交遊録でこの男に触れぬ訳にはゆくまい。
今日のマンオブシニアの戦いの前に記しておこう。

ウルトラクイズで見ていただいたように僕は長戸と仲良しではない。(笑)
最近、メッセージをいただいたファンの方々の中には、放映当時まだ幼くて本当に仲が悪いと思っていて、今年初めの再放送を見て、友達だったんだと気づいた人もいたみたいだ。
仲良しではないというのは、冗談で、言ってみれば、良きライバルだったから。

Baltimore 4

80年代後半の学生クイズ界は完全に西高東低で、名大と立命館のトップが学生№1の時代だった。
仲野、加藤、長戸と86年から3年連続で両サークルからマンオブを制覇する者が出ているし、予選のペーパーは僕ら名大がトップのシード席をほぼ独占した。

関東の学生サークルはクイズから離れてお遊びのサークルと化していたが、彼らが70年代生まれを中心に巻き返すのは90年代初めの日本一決定戦ものからだ。

長戸の記憶では、僕との初対面の時の早押し対決で、7○3☓ルールのときに6-0から僕がひっくり返して勝ち、奴は自分よりも早押しで強い奴がいることに衝撃を受けたという。
以来、両サークルの交流と重なるように、ホノルルクラブの合宿などで僕たちは時々会って対決した。

だから、13回のウルトラクイズで彼も僕も予選を勝ち抜き、更にはオーストラリア、アメリカを残って、一緒に戦えたことを僕は心底喜んでいた。

決勝は長戸と戦って勝利したいと思っていた。彼はその前年のマンオブで優勝し、勢いがあったし、その彼を破ってこそ、文句なしの王座につけると思ったから。

ボルティモアの準決勝の前の晩、僕と長戸はホテルが同室で、夜遅くまで翌日の勝負への思いを語り合った。
「どうしても明日は勝つ」と。正確には「勝たなければならない」だし、「勝つ運命にある」だった。

長戸の言葉を拝借するが、ボルティモアの戦いはきっと神様が残しておいてくれたプレゼントなのだと思う。
僕や長戸のためだけでなくて、すべてのクイズファンのために。

Baltimore again

さて、今日はきっとまた、ボルティモアとは違った新たなドラマが生まれるぞ。

「TVクイズ大研究」は60年代生まれのバイブルだ–北川宣浩

ホーチミン市での北川宣浩氏

マンオブシニアの開催に因んでということで書き始めたこの交遊録で、マンオブシニアに参加できる60年代生まれの人を中心に書いてきたが、クイズ仲間の交遊録ということなら、やはり先輩方にも触れずには済ませられない。

ウルトラクイズがきっかけでクイズの道に入った僕にとって、クイズ人生の起点に位置し、かつ、クイズの師匠でもあるのが、北川宣浩氏だ。

北川氏は、ちょうど一回り上の世代で、第2回ウルトラクイズを初め、多くのクイズ番組で優勝されており、所謂「クイズ王」のはしり的な存在として知られている。
1981年に自らのクイズの勉強法を紹介した「TVクイズ大研究」は僕ら60年代生まれの世代のクイズマニアのバイブルとなった。

北川宣浩

これまで紹介した同世代のクイズ仲間はいずれもこの本をもとにクイズの勉強に励んできた。
僕らの世代のクイズ仲間はいずれも「北川チルドレン」と言っても過言ではなかろう。

僕は彼の「TVクイズ大研究」の中で書かれていた「クイズスターにファンレターを出すには」という項目を読んで、本の著者である北川氏自身に手紙を出したところ、ご丁寧に返信をいただいた。
以来、長年、手紙のやり取りでクイズの勉強についてアドバイスをいただいた。
そのころ、長戸勇人も同じように北川氏に手紙を書き、彼の家まで遊びに行ったと後日告白している。

当時はファンレターをもらう立場がどんなものか想像つかなかった。
ウルトラクイズに出て、ちょっとしたクイズスターになって、同じ立場に立つなんて驚きだし、そういう時の北川氏の対応のことを思い出し、できるだけ、手紙をいただいた方々には返事を書くようにしている。

最近ではSNSなどで簡単に直接連絡がとれる時代だ。当時の手紙をしたためていた時代とは隔世の感がある。

北川宣浩氏とHCMCにて

実は、昨年9月、ベトナムに来られるということで、事前にツイッターでご連絡をいただいた。
そして、来られた際にはホーチミン市をご案内・ご同行させてもらった。

クイズの会場などで何度かお会いしたことはあったのだが、丸々2日間じっくりお話したのはこのときが初めてだった。

 

北川氏はブログを毎日書かれていて、これがなかなか面白い。

イケてる、モノ・コト

また、ご自身のサイトには出版されたクイズ本や出演された番組の記録が写真入りでしっかりとまとめられている。クイズの好きな方は訪れてみて絶対に損のないサイトだ。

北川宣浩のホームページ

北川氏は旅行関係のお仕事をされているので、またベトナムへいらっしゃることを楽しみにしている。

アップダウンクイズで2度優勝した凄い昭和40年男–加藤実

加藤実

クレタという出版社が発行している「昭和40年男」という雑誌がある。
昭和40年4月から41年3月までの生まれの年代の男性をターゲットにした雑誌だが、僕などはその対象ズバリそのものだ。
僕に限らず、この年代はクイズの世界でも実に目立った年代のように思う。
ちょっと見渡しただけでも、長戸勇人、仲野隆也、斉藤喜徳、大江成人といった面々や、女性でも石野まゆみ、青木紀美江という顔ぶれが揃っている。
今回のマンオブシニアは60年代生まれと制限したが、その中でもまさしく中心世代と言えるのではないだろうか。

そして、もう一人忘れてはならない昭和40年男が加藤実だ。

彼は高校生のときにアップダウンクイズで長戸勇人と一緒に出て、優勝し、その後、大学に入ってからもさらにアップダウンで西村顕治と一緒に出て、やはり優勝している羨ましいやつだ。

加藤実

僕が羨ましがるのには理由がある。
クイズ番組の予選は合格通知がもらえても、「アタック25」のように必ずしも本番の番組に出場できるとはかぎらないケースがある一方で、当時のアップダウンクイズは合格通知がもらえれば、必ず出場できる番組として知られていた。そして、僕は大学1年のときに予選会で予選を受け、合格通知を手にしていた。
だが、出場できなかった。何故か? 
番組が終了してしまったからだ!
そういうこともあって、同年代の加藤のアップダウン2度出場、2度優勝は実に羨ましいのだ。

彼の記憶によれば、僕と加藤との出会いは、先の仲野の時にも紹介した東京でのトリビアルパスート日本選手権のようだが、僕にはまったく記憶がない。

彼とはクイズの仲間というよりも飲み仲間の印象が強くて、いっしょにクイズした記憶が非常に薄いという珍しいクイズ仲間だ。

僕の記憶がないので、これまた彼の記憶によると、1987年のマンオブでは準決勝で同じ組になったが彼に負けている(らしい)。そして、この年、彼はマンオブを制覇する。

彼は京都大学の学生だったが、クイズ研のなかった京大から立命館のRUQSに加盟して、RUQSで腕を磨いていた。
前回に紹介した稲川氏に会った当時、彼が長戸と加藤の後輩二人にはクイズの実力でまったくかなわないと言っていただけはよく憶えている。

だが、加藤とクイズをした記憶のほとんどはぶっ飛んでいて、僕が行きつけだった名古屋大学の近くのワインスナック「メルシャン」で髭のマスターあべちゃんを相手に一緒に飲んだ記憶だけが鮮明だ。

アップダウン2度優勝、マンオブ制覇の実力者が、90年代初めの日本一決定戦番組では知られた成績を残していないのは、すでに社会人生活に入ってクイズを引退していたためだろうか?

う~ん、記憶にないのだ。

加藤、これを読んでいたら、コメント欄にクイズの思い出話を書き綴って欲しい。よろしく。

第11代ウルトラクイズの王者にしてRUQS創設者–稲川良夫

稲川良夫

僕が創設した名古屋大学のクイズ研究会は昨年末に30周年を迎え、昨年は盛大な記念パーティーを行ったのだが、その際に聞いたのは、こうして30年以上続いているクイズサークルは極めて少ないとのことだった。

僕らより長い歴史を持つのは東京では、早稲田、慶応、東大、関西では立命館くらいで、我々名大はその次あたりに長寿のクイズサークルということになる。

年末に開催されるマンオブシニアはそうした老舗の大学のクイズ研のメンバーも多数参加する。

先日、我が名大の盟友・仲野を取り上げたので、今度はライバルに目を向けたい。

我々名大の長年のライバル校といえば立命館大学で、年末に行われている対抗戦は今年で26年目を迎え、対戦成績は名大の12勝14敗で、2つ負け越している。

1986年から一緒にマンオブに参加したが、ウルトラクイズの11回、12回、13回の3連覇あたりから、差をつけられてしまった。それまでは、互角以上と言ってもいいくらいだったのに。

その立命館大学のクイズサークルといえば、ご存知、RUQSで、その創設者が第11回の優勝者でもある稲川良夫氏である。

後輩連中からも「稲ちゃん」とか「ジジイ」とかの愛称で呼ばれる、親しみやすい性格のおじさんである。

そもそものきっかけはトリビアルパスート日本選手権で我々が上位独占したことを聞きつけ、どんなサークル活動をしているのが、彼が名大に遊びに来たことに端を発する。

以後、箱根の西側の大学クイズサークル同士で交流が始まり、学生日本一決定戦のマンオブには、仲良く大垣夜行で東京まで向かったものだ。

1986年の我々名大の完全制覇の時には、準決勝で、僕が稲川、長戸、鎌田という当時のRUQSの主力3人衆を通過クイズで破って決勝に進出したが、87年、88年にはRUQSに学生日本一の座を明け渡した。

稲川氏は岐阜の大垣出身で、大垣は完全に名古屋圏なので、出逢った当時(4+1)回生だった彼は卒業後の名古屋での社会人クイズ・サークルを作りたいという気持ちも腹の中に秘めていたらしい。

それで、彼に会って意気投合し、名古屋に社会人クイズ・サークルを作ろうということでできたのが、「どえりゃあもんくらぶ」である。僕も参加していた初期は、寺島満智子氏、五島滋子氏、宮崎良雄氏、宮崎武雄氏、加藤厚氏といった錚々たるメンバーが揃っていた。もちろん名大からは仲野も参加していて、企画担当として活躍してくれたが、これは仲野の紹介ページでも触れたので、ここでは繰り返さない。

そして、彼はこのサークルからちょっと足の遠のいた頃にあの「事件」が発生する。

「稲ちゃん」後楽園(ドームになる前)を通過するという「事件」だ。

毎年8月のウルトラで大物が予選を通過すると、9月になると、彼は今どこまで行っているという話題で毎日が持ちきりだった。

「稲ちゃん」の時も、どうやら敗者復活で名古屋に行ったらしいから始まって、日々刻々、次から次へ情報が入ってきていたことは憶えている。でも、どうやって入ってきていたのかはあまり定かでないのだが。

東京は、村田さんを中心としたホノルル・ルート、関西は関クイ-RUQSのルートで、あとは名古屋のどえりゃあもんのルートだったはずだ。

そして、稲ちゃんは、とうとう優勝してしまった。第11代のウルトラクイズの王者である。

昨日までは、簡単に叩いて捻り潰していた存在が、急に巨大な羨望の的に変身したことに、なんとも言えないやるせなさを感じたことはたしかだ。

アタック25での優勝というタイトルはあるものの、他はとくに目立った成績は残していない。でも、ウルトラクイズの優勝者というタイトルがあれば、それで十分すぎるわけだ。まったくもって羨ましい。

以後、90年代初めの日本一決定戦番組で何度か顔を合わせたりした程度で、それがある時、とんねるずの番組のコーナーでダイビングクイズをやって、僕が簡単に勝ってしまったのだが、あまりに面白くなさすぎてか、没になってしまい、オンエアされず終いだった。

彼自身、その後何年も経ってから、ふと思い出したように僕のことを「クイズティーチャー 秋利美紀雄」と題してブログに書いている。

……その後とんねるずの番組の1コーナーでダイビングクイズ(=1対1の対戦クイズでそれぞれがすべり台に乗り、クイズに正解すると相手のすべり台の傾斜が一 段大きくなっていって、先にすべり落ちたほうが負けというレトロクイズ)をやっていたとき、クイズ王対決と銘打った回で、僕が呼ばれたことがあった。相手 はなぜか秋利。本番では僕と秋利が1問ずつを答えてお互い1段階ずつアップした3問目、秋利が答えて僕のすべり台がもう1段あがったところで、僕はこらえ きれずにあっけなく風船の海にすべり落ちた。「秋利がクイズ王対決に勝利」した瞬間なのだが、あまりにあっけなく勝敗がついてしまったため、その収録は結局オンエアされずにお蔵入りになってしまったのである。

ハウエバー稲川のパチンコ島通信」よ

 
最近はツイッター上でときどき会話したりもしている。
ツイッター上には、ウルトラファンの女性らも大勢いるが、愛される存在「稲ちゃん」は健在で、彼女らにも人気のようだ。

クイズトークライブ今年は7月にクイズジャパンのトークライブで、二十数年ぶりに顔を合わせ、当時の思い出話を語り合った。とにかくいっぱいしゃべりたい人なので、好き放題しゃべらせてやっていたら、ご満悦そうだった。話好きのいいおじさんであるのは、今も昔も変わらない。

年末のマンオブシニアも参加できることになったみたいだし、また会って当時の思い出話に花を咲かせることができると思うと、今から楽しみだ。

 

「帰れTシャツ」発売のお知らせ

ショットオーバー 帰れTシャツ

たいへん長らくお待たせいたしました。

いよいよ「帰れTシャツ」を以下の通りで発売いたします。

販売サイト:AMAZON

発売開始:12月21日{予定}

発売価格:2700円(税込・送料別)

ショットオーバー_帰れTシャツ

寸法表

  XS S M L XL
着丈 57 63 68 72 75
身巾 42 47 52 55 60
肩幅 38 42 46 50 55
袖丈 15 18 21 22 23
身長 155~165 160~170 165~175 170~180 175~185

 

AMAZONでの発売開始に先立って、Quiz Japanで先行発売することになりました。

これは12月26日のマンオブシニアの会場にて受け渡しいたしますので、当日、会場に来られる方のみの販売となります。

先行販売はクイズ・ジャパンのサイトにて。

 

皆様、宜しくお願い致します。

12月はミルクフルーツが出回る季節だ!

ミルクフルーツ

年中、熱帯の果物の豊富なベトナム南部であるが、雨季と乾季とでは雨季のほうが断然に雨季のほうが恵まれている。

ドラゴンフルーツ、マンゴスチン、ドリアン、ライチ、ランブータンと南国のフルーツが選り取り見取り。

それに比べると、乾季(11月-4月)は若干淋しいものがある。

でも、そんな乾季の代表的な果物がミルク・フルーツだ。

ベトナム語では「ヴー・スア(vú sữa)」と呼ばれるが、これは文字通りで言えば「ミルクの出る乳房」を意味する。

その名に違わず(?)食べる前に、手でモミモミとよく揉んでから、切って食べる。

ナイフで切ると、白濁した果汁がたらっと垂れて、いかにもと思わせる。

和名では「水晶柿」と言われるらしいが、なるほど、味はさっぱりしたジューシーな柿といったところだ。

英語では、スターアップルとかミルクアップルとか呼ばれ、原産地は中南米やカリブ海など、熱帯地域だそうだ。

milk apple

今朝、市場で見かけたので、今シーズン最初の「おっぱいフルーツ」を朝食にいただいた。

朝からジューシーなおっぱいでご機嫌だ。

ただ、まだハシリなので、完熟まではあと一歩。

さながら、若い生娘といったところか。次回はジュクジュクの熟女をいただきたい。