ベンツやフェラーリで乗り付けて食べに来るフォー屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
LINEで送る
Pocket

今の我が家がある路地は有名なフォー屋のある路地として知られている。

最近のタクシーの運転手は道の知らない人が増えたので、中には知らない人もいるが、このフォー屋の名前を出せば、地元の人ならば、たいてい知っているというくらいの有名店だ。

見た目は上の写真の通りで、そこいらのフォー屋と何ら代わり映えしないか、もしくは最近はこぎれいな店が増えてきたので、他より見劣りするくらい。

だが、連日、朝は大勢の客がやってきて、店の前の路地の中の広場や大通りの道沿いには車が何台も並ぶ。

しかも高級車がやってくることが多くて、ここでベンツは見飽きるほど見たし、先日はフェラーリまで停まっていた。

Ferrari

メニューは鶏もあるが、牛が中心。

他の店のようなテンコ盛りの香菜類の付け合せは出てこず、代わりに輪切りにした玉ねぎ出てくる独特のスタイル。

牛肉と麺をしっかり味わってくれと言わんばかりの北部のフォーの伝統をしっかり守っているということで人気らしい。

 

ワイ、フォー貴族。 連日客を連れてくるため、お父さんのなかで株アップ。

@boiled_pastaが投稿した写真 –

地元のベトナム人の間では非常に有名だが、街の中心からはちょっと離れていることもあって、外国人はそうそう滅多には来ない。それでも、噂を聞きつけてくる人はいるものだ。

気になるお値段は牛のフォー一杯68,000VND(340円)~で、街のどのフォー屋さんよりも高い。巷の普通の店なら2杯食べられる値段だ。知名度No.1のフォー・ホアですら、60,000VND(300円)~なのに。

にもかかわらず、毎日満員で、とくに週末の混みようは半端ない。

正直のところ、そこまでして食べたいフォーかなと個人的に思うのは、僕の舌がサイゴン風のフォーに慣れてしまったからだろう。ハノイでフォーを食べても、どうしても何か物足りなさを感じてしまうのだ。

でも、きっと北部のフォーこそが本家本元という方々には堪らない味なのだろう。

ともあれ、ご近所さんが商売繁盛でなによりだ。

保存

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*