イベント

あとがきのようなもの

この26年前を振り返る日記はツイッター上でのウルトラクイズファンの方々や同じ第13回ウルトラクイズでグアムの泥の餌食となった泥カバさんとの会話の中から生まれたものだった。

 

26年前に第13回ウルトラクイズに出場した際に、毎日起こる出来事を簡単なメモ風に残しておいた記録が元になっている。

B5のノートに書き綴れられた文字は当時旅の中で、年齢が今の半分も満たない若造の自分が記したものであり、それを久しぶりにじっくりと読み返す作業は実に懐かしく楽しかった。

このブログでは9月4日から9月27日まで書き続けたが、実際の日記は9月1日に上京し、日テレに集合するところから始まっている。 日記の終わりは9月27日になっているが、この日LAで1泊したあとで、翌日のフライトで成田に戻った。パスポートには9月29日帰国のスタンプが押されていた。まさしく1989年の9月はまるまるウルトラクイズの旅で埋め尽くされた。

あれから26年という歳月が流れたのだ!

僕自身は、昨年2014年のベトナムの旧正月休みの際に日本に帰国し、Quiz Japanの取材を受け、久しぶりにボルティモアの4人で集まって、酒を飲み交わし、ファミ劇のウルトラクイズ再放送を取り仕切っていた大学時代の同級生とも会い、ウルトラクイズの再放送のための特番収録があって、…と、この2年間のうちにあの第13回ウルトラクイズを振り返る機会が相次いだ。

一方で、ツイッター上では当時のことを今でも昨日のことのように憶えてくれていて、今なお関心を持ってくれている方々がたくさんいる。あのボルティモアの激闘から20年以上経ってもウルトラクイズを楽しみたいという人たちの声が聞こえてくる。

たまたまウルトラクイズで勝ち進んで、ボルティモアの準決勝まで進んだ経験は、僕一人だけの経験として仕舞っておくべきものでもないだろうと思った。

自分の当時の思いを綴った日記を公開するのは、正直なところ、かなり気恥ずかしいものだが、当時、僕を応援してくれて、ひょっとして、今もまだ興味を持ってくれている人たちがいるなら、話の種を提供するくらいお安い御用だというのが偽らざる心境だ。そして、一緒に回想し、語り合い、楽しもうではないか!

当時の書き殴った文章は、あくまで自分自身のためのメモであり、文脈が不明確だったり、言葉足らずだったりして、今の僕自身ですら読みづらいので、それを補足する意味でずいぶん書き加えたが、文章のベースは当時体験した僕自身の心象風景にある。 とくに、最終日の9月27日の記事は、結果的に、ほとんど当時書いたもの、そのままを書き起こすスタイルとなった。たかがクイズごときに大仰な言葉遣いをしている部分など、今読み返すと顔から火が噴き出しそうだが、当時は真剣だったに違いない。笑って読み飛ばしてほしい。

ウルトラ日記

 

同時に、これらの記事を書きながら、当時の記憶を辿っていくと、また自分をクイズの世界に飛び込ませたくなってくる。

折しも、今年の年末には、長戸が言い出しっぺで企画したクイズ大会「マンオブ・シニア」&パーティーが東京で開催される。これには僕も発起人として名前を連ねているし、大会にも出場者として参加する。同窓会がてら、クイズの企画に、パーティーに時間のある方は是非ご参加いただきたい。

当時の思い出話を肴に語り合おうではないか!    

 <お知らせ1>  ファンの皆様のご要望にお応えして、ショットオーバーの大声クイズをテーマに「帰れTシャツ」を作成、販売することになりました。現在、下記のサイトにてデザインを募集しています。デザインの腕に自身のある方は是非ご応募ください。 [「帰れTシャツ」デザイン募集のページ]

 

 <お知らせ2>  今年2015年の年末、東京でMan of the Year Seniorというクイズの大会及びパーティーを行うことになりました。これは私たちが学生時代に毎年年末に行われていた学生クイズ日本一決定戦のシニア版です。一般の方も見て楽しめる内容になると思います。 皆さん、是非お越しください。 開催日:2015年12月26日 開催場所:東京ウィメンズプラザ(渋谷区神宮前5-53-67) 詳細は公式サイトからどうぞ。FBページツイッターでも随時情報を発信しています。

 

 

コスプレ大会inHCMC

先週のことになるが、HCMCでジャパン・フェスティバルという催し物が開かれ、その中のプログラムでコスプレ大会があった。

私自身は、アニメだとかコスプレだとか、まったくわからないのだが、どんなものか、ちょっと見てみたい気がして、会場まで出かけた。

00-2014-11-16 15.25.51

会場はニューワールドホテルの脇の9月23日公園。サイゴンの中心でいろいろな催し物の会場となっている。

00-2014-11-16 15.26.03-2

メイン舞台のディスプレーには日本を感じさせる映像が流れる。

00-2014-11-16 15.25.14

各県からの観光プロモーションのブースなどが出展。

00-2014-11-16 15.27.05-2

同時に、在越企業のブースもある。各社ここぞとばかり、しっかりアピール。

 

00-2014-11-16 15.34.54

いよいよコスプレ大会の開催。2日間連続の大会で、チャンピオンを決める。

00-2014-11-16 15.35.24-1

よく知らないんだが、日本からのゲストだとか。おそらくその筋では有名な人なのでは? ご存じの方、いらしたら、教えてください。

00-2014-11-16 15.41.46-1

00-2014-11-16 15.41.26

00-2014-11-16 15.44.52-2

00-2014-11-16 15.44.58

00-2014-11-16 15.49.55

00-2014-11-16 15.50.54

00-2014-11-16 15.59.13

決勝に残った5組の演技は、どれも素晴らしい。日本をテーマにした大会ということもあってか、和装姿の出し物が目についた。太刀回りなんて、相当練習したんでしょうね。

00-2014-11-16 15.27.31

舞台の外では、こうしてコスプレスターたちと記念写真。

00-2014-11-16 16.07.31-1

若い女性たちのドレス姿は華やか。

00-2014-11-16 16.04.56

被り物も人気。

00-2014-11-16 16.09.23

00-2014-11-16 16.10.15

最後には結果発表があって、優勝者らは日本での大会の参加資格があたえられた。

00-2014-11-16 17.13.36

クール・ジャパンな1日だった……

ベトナム美女たちの展示会

いろいろと期待して行った昨日の展示会が不発だったので、ちょっと見方を変えて振り返ってみたい。

題して「美女たちの展示会」。私の独断で選んでみた。

トップバッターはこの娘さん。

@2014-11-01 11.56.58

健康的な褐色の肌に黒のドレスがよくお似合い。

続いて、ちょっと遠目から撮ったショット。

@2014-11-01 11.22.22-1

ちょっとアンニュイな表情がいいかと。

韓国の物産展ということで、お約束通りチマチョゴリ姿の女性も。

@2014-11-01 10.45.41

素朴な笑顔に魅了される方もいるのでは?

趣向を変えて、お笑いのステージをやっていたこの女性芸人はいかがでしょうか?

@2014-11-01 10.49.25

ベトナムのおっかさんを代表しているような感じかな。

さて、いよいよご紹介するのが、私のイチオシの美女。

どーだ!

@2014-11-01 11.07.12

南国の太陽、そのままの笑顔だ!

だが、

彼女がNo.1かと思ったら、ウワテがいた。

@2014-11-01 11.20.20