シドニー

シドニーのオペラハウス前でインスピレーション・クイズ–1989年9月14日

クイズの日。

朝6時半に起こされて、ホテルを出たのが9時半。

オペラハウス前で、オーストラリアの人たちに日本のものを見せて、彼らの言葉をヒントに何かを当てるインスピレーション・クイズ。この手のクイズは比較的得意だったので、苦手意識はなかった。

オンエアで見ると、次のチェックポイントがニュージーランドと発表される時、長戸がアップで映し出されるが、実に白々しい演技をしていた。役者である、奴は。

1問目の「賽銭箱」は外したものの、2問目で「布団乾燥機」を正解し、早くもリーチ。

Mr.マリックを答える問題でアベ姉と正木の2人が1抜け。

私はその当時まったく知らなかった。長戸も同じく、登場したMr.マリックを見て、高中正義だと思ったという、たしかに。

「墨」を当てて長戸が続いて勝ち抜け、「ふんどし」で全員正解の際に私を含めた5人が一斉に勝ち抜けた。

ター兄、永田さんに後輩のトシノリ、立命館の山本の4人の争いになった。

ここで、トシノリと山本がまず脱落し、ター兄と永田さんが残った。そして、ラス抜けを得意とするター兄がうっちゃって、永田さんが敗者となった。

ター兄と永田さんの因縁のドラマの起点である。

ウルトラクイズの東京ドームのシーンを見せて、答えさせる問題があったり、アベ姉のヤバイ回答があったりとなかなか見所の多いクイズであった。

ゲストで呼ばれたMr.マリックがいたので、3人敗者といっても、おそらく敗者復活はあるだろうと勝ち残った挑戦者らは皆話していた。 それにしても、立命館の山本と名大のトシノリという、長戸と僕の大学の後輩が2人仲良く手を繋いで、「伝書鳩」として、旅の近況を日本に伝えに帰ることになろうとは…

2015-09-07 15.47.37

ニュージーランドに向かう飛行機の中で永田さんを見かけたという証言もあり、せっかく落ちてくれてたのに、しぶといなあ、と思った。

結果論になってしまうが、この後、行く先々で早押しクイズの際、永田さんの無茶押しにペースを崩されるので、このシドニーでは後輩のトシノリくんに頑張ってほしかったところだ。まあ、後の祭りなんだが。

こうして僕らの1989年のウルトラクイズの旅はつづく。

 <お知らせ1> 
ファンの皆様のご要望にお応えして、ショットオーバーの大声クイズをテーマに「帰れTシャツ」を作成、販売することになりました。現在、下記のサイトにてデザインを募集しています。デザインの腕に自身のある方は是非ご応募ください。
[ 「帰れTシャツ」デザイン募集のページ]

 <お知らせ2>  今年2015年の年末、東京でMan of the Year Seniorというクイズの大会及びパーティーを行うことになりました。これは私たちが学生時代に毎年年末に行われていた学生クイズ日本一決定戦のシニア版です。一般の方も見て楽しめる内容になると思います。 皆さん、是非お越しください。 開催日:2015年12月26日 開催場所:東京ウィメンズプラザ(渋谷区神宮前5-53-67) 詳細は公式サイトからどうぞ。FBページツイッターでも随時情報を発信しています。

シドニーでの休日–1989年9月13日

OFFの1日。

朝からバスで市内観光。キングスクロスからボンダイビーチを回り、昼食は泊まったヒルトンホテルに近いダーリング・ハーバーにて。

きっとクイズの会場はオペラハウスのところだろうから、そっちには近づけないんだろうと話しながら。

ショッピング街を散策中にアベ姉がケン・ドーンの傘を見つけて大喜び、すぐに買い込む。 オーストラリアの芸術家ケン・ドーンは当時マガジンハウスから創刊されたばかりの首都圏の20代後半の女性向けの雑誌「Hanako」のロゴや表紙のデザインを担当していて、まさしくアベ姉の世代には大人気であった。

さらに、その後はフェザーディール動物園を見学。 コアラを抱いて、記念撮影。カンガルーやウォンバットにも直に触れる。

By: Taz

バス移動の際に、僕は近ツリのツアコン加藤さんのすぐ後ろに座っていた。あるとき、加藤さんに声をかけようと、後から身を乗り出したところ、彼はなにやら書類を手にしていた。

見るとはなしに、その書類に目が行くと、飛行機のフライトのスケジュールが記されてあって、それは旅程表だということがわかった。そして、そこには「クライストチャーチ」の文字が。

オーストラリアの後に、どこに行くかが話題となっていて、南極だとか、タヒチだとか、皆それぞれが好き勝手なことを言っていたのだが、誰もニュージーランドと言う者はいなかった。

それで、夕方、長戸を呼んで、ひそひそ声でこのことを伝えている時、背後から突然二人の背中が叩く者が現れた。

「こら、何の悪巧みをしているんだ、おまえら!」

振り向くとそこにはトメさんが僕らの顔を見てニヤついていた。口から心臓が飛び出しそうになるくらい驚くとはこのことだ。

後から、二人で話の内容を聞かれたんではないかと、あれこれ話したが、どうやら感づかれてはいないという結論に達した。

ともかく、シドニーの次はニュージーランドだ。

夕食はキングスクロスで韓国料理。日本食、中華に続いて、韓国料理。ウルトラクイズの食事はアジア文化圏を抜け出せないということにこの頃から気づいた。

こうして僕らの1989年のウルトラクイズの旅はつづく。

 <お知らせ1> 
ファンの皆様のご要望にお応えして、ショットオーバーの大声クイズをテーマに「帰れTシャツ」を作成、販売することになりました。現在、下記のサイトにてデザインを募集しています。デザインの腕に自身のある方は是非ご応募ください。
[ 「帰れTシャツ」デザイン募集のページ]

 <お知らせ2>  今年2015年の年末、東京でMan of the Year Seniorというクイズの大会及びパーティーを行うことになりました。これは私たちが学生時代に毎年年末に行われていた学生クイズ日本一決定戦のシニア版です。一般の方も見て楽しめる内容になると思います。 皆さん、是非お越しください。 開催日:2015年12月26日 開催場所:東京ウィメンズプラザ(渋谷区神宮前5-53-67) 詳細は公式サイトからどうぞ。FBページツイッターでも随時情報を発信しています。

 

ブルーマウンテンの名所エコーポイントでの早押しクイズ–1989年9月12日

移動日、休日と過ぎたので、その次はクイズの日だ。

ご当地問題の予習で、エコーポイントなんて名所があるらしいので、大声クイズだろうと皆で話していたが、予想を裏切られた。

2部構成で、第1部は2重音声クイズ。

福留アナに加えて、小倉淳アナが登場し、二人が同時に2つの問題を読み上げて、その両方に回答するというもの。両方とも正解で、勝ち抜けとなり、どちらかでも間違えると1回お休みのペナルティが課される。

僕の場合、オンエアでは間違えた問題が流されたが、正解した問題のほうがこのクイズ形式の特徴をうまく出していて、どうして放映されなかったのか不思議だ。

正解したのは、この問題。

福留「問題:映画「カサブランカ」で主人公を演じたのはハンフリー・ボガートと誰?」

小倉「問題:映画「カサブランカ」で主人公を演じたのはイングリット・バーグマンと誰?」

こうやって文字にすると何でもない問題だが、これをあの場で聞くと冷静さが必要とされる。というか、冷静でありさえすれば、誰にでも答えられる問題だ。なにしろ問題文の中に正解が読み込まれているのだから。

14人中7人勝ち抜けと聞いて、またごっそり落ちるのかと思ったが、早押しクイズだし、負けるとは思わなかった。永田さん、長戸に先着されたのはともかく、及川にまで先を越されるとは思っていなかった。

ともあれ、4着。

残り3人になった時、ター兄と正木と小室さん。いずれも仲良くなっていたメンツだけに誰が落ちても残念で悲しい。でも、クイズの先輩だった小室さんがここで敗れるとは正直のところ思いも寄らなかった。

2015-09-07 15.44.23

夕方、シドニーに到着。ホテルはヒルトンホテル。同室はター兄。

阿部先生によるドクターチェックがあるという時間まで、ター兄とアベ姉と3人で暇つぶし。

ウルトラの旅が終わって日本に戻ってからも3人は東京でよく誘い合って飲みに行ったのは、いい思い出。

こうして僕らの1989年のウルトラクイズの旅はつづく。

 <お知らせ1> 
ファンの皆様のご要望にお応えして、ショットオーバーの大声クイズをテーマに「帰れTシャツ」を作成、販売することになりました。現在、下記のサイトにてデザインを募集しています。デザインの腕に自身のある方は是非ご応募ください。
[ 「帰れTシャツ」デザイン募集のページ]

 <お知らせ2>  今年2015年の年末、東京でMan of the Year Seniorというクイズの大会及びパーティーを行うことになりました。これは私たちが学生時代に毎年年末に行われていた学生クイズ日本一決定戦のシニア版です。一般の方も見て楽しめる内容になると思います。 皆さん、是非お越しください。 開催日:2015年12月26日 開催場所:東京ウィメンズプラザ(渋谷区神宮前5-53-67) 詳細は公式サイトからどうぞ。FBページツイッターでも随時情報を発信しています。