ツイッター

「TVクイズ大研究」は60年代生まれのバイブルだ–北川宣浩

ホーチミン市での北川宣浩氏

マンオブシニアの開催に因んでということで書き始めたこの交遊録で、マンオブシニアに参加できる60年代生まれの人を中心に書いてきたが、クイズ仲間の交遊録ということなら、やはり先輩方にも触れずには済ませられない。

ウルトラクイズがきっかけでクイズの道に入った僕にとって、クイズ人生の起点に位置し、かつ、クイズの師匠でもあるのが、北川宣浩氏だ。

北川氏は、ちょうど一回り上の世代で、第2回ウルトラクイズを初め、多くのクイズ番組で優勝されており、所謂「クイズ王」のはしり的な存在として知られている。
1981年に自らのクイズの勉強法を紹介した「TVクイズ大研究」は僕ら60年代生まれの世代のクイズマニアのバイブルとなった。

北川宣浩

これまで紹介した同世代のクイズ仲間はいずれもこの本をもとにクイズの勉強に励んできた。
僕らの世代のクイズ仲間はいずれも「北川チルドレン」と言っても過言ではなかろう。

僕は彼の「TVクイズ大研究」の中で書かれていた「クイズスターにファンレターを出すには」という項目を読んで、本の著者である北川氏自身に手紙を出したところ、ご丁寧に返信をいただいた。
以来、長年、手紙のやり取りでクイズの勉強についてアドバイスをいただいた。
そのころ、長戸勇人も同じように北川氏に手紙を書き、彼の家まで遊びに行ったと後日告白している。

当時はファンレターをもらう立場がどんなものか想像つかなかった。
ウルトラクイズに出て、ちょっとしたクイズスターになって、同じ立場に立つなんて驚きだし、そういう時の北川氏の対応のことを思い出し、できるだけ、手紙をいただいた方々には返事を書くようにしている。

最近ではSNSなどで簡単に直接連絡がとれる時代だ。当時の手紙をしたためていた時代とは隔世の感がある。

北川宣浩氏とHCMCにて

実は、昨年9月、ベトナムに来られるということで、事前にツイッターでご連絡をいただいた。
そして、来られた際にはホーチミン市をご案内・ご同行させてもらった。

クイズの会場などで何度かお会いしたことはあったのだが、丸々2日間じっくりお話したのはこのときが初めてだった。

 

北川氏はブログを毎日書かれていて、これがなかなか面白い。

イケてる、モノ・コト

また、ご自身のサイトには出版されたクイズ本や出演された番組の記録が写真入りでしっかりとまとめられている。クイズの好きな方は訪れてみて絶対に損のないサイトだ。

北川宣浩のホームページ

北川氏は旅行関係のお仕事をされているので、またベトナムへいらっしゃることを楽しみにしている。

twitterの逆襲

先日、このブログでtwitterの2択アンケートはすぐに終わるだろうと書いたが、それに反発するかのように4択にパワーアップした。

それで、早速活用する方々もいらっしゃる、しかも僕絡みで。僕が絡んで、4択となると…

 

やっぱり、こう来るのか。

それはいいとして、アンケートの結果はかろうじての第3位。やっぱり3位か。

それにつけても、某クイズ王の人気凋落ぶりが鮮烈。

26年の歳月が当人の化けの皮を剥がしたからなのか?(失礼)

 

僕も一つ作ってみるかな、4択。

緩い関係のTwitterが心地いい

数多あるSNSの中でも、僕が頻繁に使うのはFacebookとTwitter。

人気に翳りが出て、Facebookには差をつけられたとかいうけど、僕は好きだなあ、Twitter.

朝日新聞 2015年11月5日 「ツイッターの成長に陰り フェイスブックと明暗

 

見知らぬ人たちの間で気軽に呟き、聞き流せるTwitter

Twitterはフォローもフォロワーもまったく知らない人がほとんど。

基本的に一人で呟くだけだから、聞きたくなければ、無視して流せばいいだけ。

あるいは、つまらないこと言う人はそもそもフォローしなければいいだけだ。

この緩さや気楽さが非常にいい。

それでいて、強力な発信力や伝達力を持っている。東日本大震災のとき、僕は東京にいて、ベトナムとTwitterでやり取りしたことは忘れられない。

ともかく、SNS、かくあるべし、のド真ん中を歩んでいる感じがする。

 

気の利いた人の発言は見逃せない

でも、気の利いたことを呟く人はいるもので、そういう人のツイートはいつも見逃せない。それは有名、無名を問わないと思う。

有名人に限って言えば、一部の人の発言は後からまとめられて、別途掲載されることもある。

たとえば、脳科学者の茂木健一郎の連続ツイートだとか、大阪市長の橋下徹だとか。最近、寿司屋論争を引き起こして話題になっているホリエモンなんかも。

僕は議論をしたいわけではないので、ここでは彼らの意見の内容には触れないが、後からまとめられたり、論争を引き起こしたり、ということはそれだけ多くの人の関心を惹きつけているということだ。

 

情報収集に役立つTwitter

僕はニュースのツイートも情報源として活用している。最近では、新聞の紙面を読むよりツイッターとかFBとかで気になった記事だけ読むほうが多い。

それ以外に情報収集でもTwitterの検索はかなり威力を発揮する。

例えば、Twitterで「TPP 長渕」を検索すると、TPPの話題から長渕剛を連想する人は少なくないということが一目瞭然だ。

 

 
こんな感じのツイートが山程出てくる。
 
あるいは、エゴサーチといわれる自分検索をすると自分に関して、あれこれ言われているのを知ることができる。でも、これは悪口が書かれているのを見つけてショックを受けることもあるので、痛し痒しだ。
 
こういう砕けた情報収集はGoogleの検索よりTwitterに軍配が上がるかも。

 

一度に多くの人に発信できるのがTwitterの魅力

 
自分から発信するときは、一度に多くの見知らぬ人たちに発信できるのがいい。もっともこれはフォロワーの数次第なのだが。
 
僕の場合は、仕事では、運営している情報サイトからニュースを拡散するのに利用しているし、このブログも更新情報はツイッターで発信している。
 
大阪の選挙戦などで橋下徹が盛んにTwitterで発信していたことはよく知られているが、彼のフォロワーは100万人以上。彼は実に巧みにこのメディアを活用していたと思う。
 
他にも、見ていると、立て続けに発信している人がいるが、発信の量の多い人はフォロワーも多く、内容もしっかりしている人が多いように見受けられる。

 

新機能は2択質問

最近の新しい機能は2択質問。  

Twitter上には多くのユーザーがおり、ふとしたことでツイートが広まれば、自分がフォローしていないユーザーの声も聞くことができます。Twitterの広報アカウントなどでは「Aと思ったらリツイート、Bと思ったらお気に入り」といった具合にユーザーに質問を投げかけてユーザーの反応を引き出すこともありますが、そんな投票ツイートを誰でも簡単に作成でき、投票率がどれくらいになっているのかも確認できる機能が新たに登場しています。
 
「投票」機能のご案内 |
 Twitter Blogs
https://blog.twitter.com/ja/2015/1022poll
 
「旅行には車で行くべきか、それとも飛行機で行くべきか」など、多くの意見を知りたい場合に役立つ機能「投票」がTwitterに追加されました。投票ツイートに回答する方法は以下のムービーの通りで、どのユーザーがどちらに投票したのかは公開されないので、回答側は自由気ままに投票できます。

— Gigazine  2015年10月28日 15時00分00秒
 
この2択機能には賛否両論あって、そのうち、なくなるだろうというのが優勢のよう。 僕もそう思うので、今だけの期間限定機能だと思い、面白半分に使ってみた。      

 

2択問題なら、昔とった杵柄でいろいろと問題ツイートできるだろうと思ったのだが、意外や意外、○☓クイズを作るよりむずかしい。

 

暇な時には覗いてみてね

まあ、ツイッターでは時々呟いているので、暇な時は覗いてみてほしい。

僕のツイッターのアカウントは以下のとおり:

秋利美記雄 @saigon1995