加藤実

クレタという出版社が発行している「昭和40年男」という雑誌がある。
昭和40年4月から41年3月までの生まれの年代の男性をターゲットにした雑誌だが、僕などはその対象ズバリそのものだ。
僕に限らず、この年代はクイズの世界でも実に目立った年代のように思う。
ちょっと見渡しただけでも、長戸勇人、仲野隆也、斉藤喜徳、大江成人といった面々や、女性でも石野まゆみ、青木紀美江という顔ぶれが揃っている。
今回のマンオブシニアは60年代生まれと制限したが、その中でもまさしく中心世代と言えるのではないだろうか。

そして、もう一人忘れてはならない昭和40年男が加藤実だ。

彼は高校生のときにアップダウンクイズで長戸勇人と一緒に出て、優勝し、その後、大学に入ってからもさらにアップダウンで西村顕治と一緒に出て、やはり優勝している羨ましいやつだ。

加藤実

僕が羨ましがるのには理由がある。
クイズ番組の予選は合格通知がもらえても、「アタック25」のように必ずしも本番の番組に出場できるとはかぎらないケースがある一方で、当時のアップダウンクイズは合格通知がもらえれば、必ず出場できる番組として知られていた。そして、僕は大学1年のときに予選会で予選を受け、合格通知を手にしていた。
だが、出場できなかった。何故か? 
番組が終了してしまったからだ!
そういうこともあって、同年代の加藤のアップダウン2度出場、2度優勝は実に羨ましいのだ。

彼の記憶によれば、僕と加藤との出会いは、先の仲野の時にも紹介した東京でのトリビアルパスート日本選手権のようだが、僕にはまったく記憶がない。

彼とはクイズの仲間というよりも飲み仲間の印象が強くて、いっしょにクイズした記憶が非常に薄いという珍しいクイズ仲間だ。

僕の記憶がないので、これまた彼の記憶によると、1987年のマンオブでは準決勝で同じ組になったが彼に負けている(らしい)。そして、この年、彼はマンオブを制覇する。

彼は京都大学の学生だったが、クイズ研のなかった京大から立命館のRUQSに加盟して、RUQSで腕を磨いていた。
前回に紹介した稲川氏に会った当時、彼が長戸と加藤の後輩二人にはクイズの実力でまったくかなわないと言っていただけはよく憶えている。

だが、加藤とクイズをした記憶のほとんどはぶっ飛んでいて、僕が行きつけだった名古屋大学の近くのワインスナック「メルシャン」で髭のマスターあべちゃんを相手に一緒に飲んだ記憶だけが鮮明だ。

アップダウン2度優勝、マンオブ制覇の実力者が、90年代初めの日本一決定戦番組では知られた成績を残していないのは、すでに社会人生活に入ってクイズを引退していたためだろうか?

う~ん、記憶にないのだ。

加藤、これを読んでいたら、コメント欄にクイズの思い出話を書き綴って欲しい。よろしく。