展示会

3日連続で朝ジョギング

ハムの美味しいニューラン

このところ、夜更かし気味で朝起きられなかったが、今日は定刻の4時起きできた。

今日も買い出しに出る必要はなかったので、レバンタム公園(Công viên Lê Văn Tám)で走ることにした。

出掛けたのは5時半を回っていたのに、まだ薄暗い。

革命家フォー屋

かつて革命家たちが集まっていたフォー屋では店主がせかせかと店の準備に余念がなかった。

ハイバーチュン通り(Đường Hai Bà Trưng)の有名サンドイッチ屋はやっていたが、まだ店を開けていないところも多かった。

このあたりの店は朝早い店でも開店するのは6時くらいだろう。

タンディン教会

冬至が近づくに連れて、朝陽の出が遅くなっている。あと3週間。いまが1年で一番朝の遅い季節だ。

これが乾季の終わりから雨季の前半だと30分は早い。

2015-12-01 06.12.22

2015-12-01 06.13.44-1

レバンタム公園では明日からの「ハイテク農業見本市」の準備がほぼできていた。

まだ6時だというのに、コーヒー販売の会社はアオザイ姿の女性を配置し、コーヒーの試飲を勧めていた。

2015-12-01 06.20.51-1

今日もいつもどおり3周走って、最後のもう1周は歩いた。

走ることに身体が徐々に慣れていっている。

1周めはゆっくり身体を馴らすだけだが、3周めになると、自然とスピードがついてくる。だが、身体が鈍っているので、3周も走ると息が上がるのだが。

終えて帰りにまたハイバーチュン通りを戻る。

2015-12-01 06.28.17

なしを売っているようだ。

2015-12-01 06.30.40

フォー屋は準備万端で客を待ち受けている。

6時半前に家に戻ると、7時までにトレーニングして、シャワーも浴びられる。

7時からゆっくりと朝食を摂るのが理想的な朝のスタイルだ。

 

朝の公園でランニング

Le Van Tam Park

朝の散歩を続けていたら、走りたくなって、最近は週に何日かランニングの日がある。

元々は市場に買物がてらの散歩だけだったのに、とくに買うものもない日には公園での散歩に切り替えていた。それが、ある日突然走りたくなって、走りだしたら、体調もいいし、病みつきになってしまった。

今朝、いつものレバンタム公園(Công viên Lê Văn Tám)に行きながら考えたのは、買物の日を月水金の週3日に固定して、残りの日を公園でしっかりと走る日にするということ。

早速実行に移すとする。

Durian seller in the off-season

今朝は公園に行く途中で、季節外れのドリアン売りに遭遇。

後で買いに行こうかな。

DSC_0528

出発が遅かったので、タンディン教会(Nhà thờ Tân Định)の前を通る頃には7時を回ってしまっていた。ふだんより1時間も遅い。

昨晩、ちょっと多めに飲んでいたので、身体がやや重く、ランニングも超スロースタート。

3周と一応は決めているのだが、身体がきつくて、1周で一旦休憩しようかとも思った。継続的にやっていきたいので、無理はしないことにしている。身体がきつかったら、休めばいいと思っている。でも、2周めの地点に着いたら、そのまま身体は走り続けてしまった。慣性の法則だろう。それで、なんとか3周完走。

preparation for an exhibition event

preparation for exhibiton event

今日の公園では何かの展示会イベントのための準備をしていた。何があるのか、注意して見回してみた。どうやら農産物の物産展のようだ。

DSC_0547

公園からの帰り道にクリスマスのデコレーションを発見。

もう11月も終わりだ。

Merry Christmas

 

 

 

ベトナム美女たちの展示会

いろいろと期待して行った昨日の展示会が不発だったので、ちょっと見方を変えて振り返ってみたい。

題して「美女たちの展示会」。私の独断で選んでみた。

トップバッターはこの娘さん。

@2014-11-01 11.56.58

健康的な褐色の肌に黒のドレスがよくお似合い。

続いて、ちょっと遠目から撮ったショット。

@2014-11-01 11.22.22-1

ちょっとアンニュイな表情がいいかと。

韓国の物産展ということで、お約束通りチマチョゴリ姿の女性も。

@2014-11-01 10.45.41

素朴な笑顔に魅了される方もいるのでは?

趣向を変えて、お笑いのステージをやっていたこの女性芸人はいかがでしょうか?

@2014-11-01 10.49.25

ベトナムのおっかさんを代表しているような感じかな。

さて、いよいよご紹介するのが、私のイチオシの美女。

どーだ!

@2014-11-01 11.07.12

南国の太陽、そのままの笑顔だ!

だが、

彼女がNo.1かと思ったら、ウワテがいた。

@2014-11-01 11.20.20

 

 

行ってみたら、韓国物産展だったよ、おっかさん。

子供用品の国際展示会がベトナムで初めて開かれるというので、ちょっとばかし気合を入れて土曜の朝に出かけた。

@2014-11-01 11.25.54

会場は7区にあるサイゴン展示会議場。ホーチミン市に在住の方には新しい方の展示会場といったほうがわかりやすいかもしれない。

@2014-11-01 10.34.22

タクシーで会場入口に乗り付けると、いきなり子供連れの家族がワンサカ。この時点で「しまった!」と思ったがもう遅い。企業同士の取引というより、一般消費者のための物産展なのだ。

当日は、小売フランチャイズ展示会も同時に開催されているという情報を得ていたので、子供展もそこそこにそちらに早く移動しようとさえ思った。

@2014-11-01 10.35.30

@2014-11-01 10.34.33

だが、実はこの2つの展示会はいずれも韓国の商工会議所が仕掛けた展示会で、要するに韓国物産展だったのだ。

@2014-11-01 11.15.19

まあ、とりあえず様子を見るかと、ぐるりと会場を回った。

とにかく来場者が多い。一般の消費者を相手にしているから仕方ないだろうが、会場の中は人の波。土曜日の午前中に行ったのも良くなかったのかもしれない。が、韓国企業とすれば、ベトナムの一般消費者に自社製品や会社の名前を覚えてもらうための良い機会なのだろう。

@2014-11-01 10.46.51

子供展のほうでは、日本企業で目についたのは2社だけ。

@2014-11-01 11.21.53

明治乳業は粉ミルクなどの乳製品でベトナムですでに圧倒的な知名度を誇る。

@2014-11-01 10.51.50

もう1社は明光義塾。個別指導の学習塾だ。日本の学習塾まで海外に市場を求める時代なのだ。

@2014-11-01 11.09.40

会場を隅から順番に歩いて回っていると、そのうち、なにやら子供用品と思えない商品のブースが多くなった。一般の物産展みたいだなと思って、会場の端まで行き着くと、小売フランチャイズ展示会の看板が目の前に。

同じ会場にパーティションもなしに、2つの展示会が隣接していたのだ。道理で子供用品以外もあるはずだ。

@2014-11-01 10.38.21

会場では講演やセミナー、商品紹介のデモンストレーションなどもあり、訪問客を退屈させない仕掛けがふんだんに盛り込まれていた。

@2014-11-01 11.11.35

私が行ったときに好評だったのはシンガポールのレストランのショーで、一般訪問客のみならず、出展者の中にも自分の仕事そっちのけで見入っている者が多数いた。

@2014-11-01 10.43.14

いやはや。ベトナムの展示会は今もどこも無料。だから、一般庶民の行楽の場と化すというわけだ。

 

 

第14回国際繊維製品展示会(VTG2014)を見学

秋の繊維展示会が一昨日から始まっていた。

昨日行く予定だったのだが、行きそびれていた。

毎年の恒例行事で、こちらはアパレルの展示かというよりも機械の展示会の性格が強い。正直のところ、あまり力が入らない。

DSCN6097

ホーチミン市には現在2つの国際展示会場があり、このタンビン国際展示会場は古い会場。

ちょうど機を同じくして、新しくできたサイゴン展示会議場(SECC)でも、ベトナムで初めての国際ベビー&キッズ用品展示会(Vietbabyfair 2014)が開催されている。明日はそちらも見学に行く。

DSCN6106

日本の刺繍機メーカーは常に人気の筆頭。

DSCN6113

今回はプリント設備が充実していたような気がする。

DSCN6108-4

カメラを向けると恥ずかしながらも応えてくれた。