帰れTシャツ

1年ぶりのテレビ出演にファンともども興奮!

TV東京「イチゲンさん」
LINEで送る
Pocket

誕生日でのお祭り騒ぎも醒めやらぬ中、いよいよ年末に行われた「マンオブシニア」がテレビ放映される日がやってきた。

となると、やはり「帰れTシャツ」も再登場か!

ようやく今頃になって「帰れTシャツ」の意味がわかった若者もいる。若者といっても30代かひょっとして40代かもしれないが。

うれしいこと言ってくれるのはTシャツのデザイナーさん。

「帰れTシャツ」を着て、テレビ観戦している人に写真アップをお願いしてみた。すると…

こんなことで喜んでもらえてサイコー!

そして、いよいよ番組に登場。

おしゃけさん、ありがとう。こういうよくわかっている子のツイートに「いいね」♡つけたった。

だけども、予選の結果は…

テレビ東京「イチゲンさん」

テレビ東京「イチゲンさん」

 

クイズ研究会を題材にした漫画「ナナマルサンバツ」の作者・杉基イクラ先生からもツイートが。

期待に応えられずゴメンナサイ。

長戸帰れー!秋利帰れー!

知り合いからも突然ツイートが来たり。

そして、放映終了。

放映終わっても、興奮醒めやらぬファンの方も。

見逃しちゃった人は残念。

番組の感想をしっかり書いてツイートしてくださった方もいる。 クイズファンの期待に応えられてテレビ東京のスタッフの方々もうれしいのでは。

さらに、翌日になって…

寝ても覚めても、醒めやらない方には、是非これを!

まだまだ遅くないですよ、「帰れTシャツ」をほしい方はAMAZONでぽちっとやってくださいな。

それから、「帰れTシャツ」をお買い上げの皆さんは、AMAZONのカスタマーレビューへの書き込みも宜しく。

 

LINEで送る
Pocket

私の50歳の誕生日は「帰れTシャツ」祭りと化した

ホーおじさんと記念撮影
LINEで送る
Pocket

昨日はクイズファンの皆さんのおかげで楽しい50歳の誕生日を迎えることができました。

写真やメッセージを送ってくださった皆さん、

ありがとうございます。

DMやFBでもいただいたメッセージもあるのですが、twitterのタイムラインで「帰れTシャツ」を着てのお祝いを呼び掛けてもらったので、それを中心にブログに残して記念とさせていただきます。

呼びかけ人の一人qandaさんはわざわざ東京ドームまで行ってTシャツ姿を記念撮影。

よく見ると、素肌に半袖。この寒いさなかに、ご苦労さんでした。 盟友どろかばくんからも熱いエールが届く。

どろかばくんからは誕おめメッセージまでいただきました。ありがとう。

他にも、いろんな方から。

販売はひとまず今月末までの予定です。 欲しい方はお早めにお求めください。

写真はなくても、ともかくお祝いのメッセージはありがたいものです。

マンオブシニアが取材を受けたテレビ東京の番組の宣伝もちょうどいい具合に。

みんな顔出しNGなのがちと残念。DMでは顔の見られる写真もいただいたのだけど、ここで紹介するわけにはいかないだろう。差し支えない方は連絡ください。あとから、追加します。

ウルトラクイズbotでは懐かしい場面の再現シーンも。

初めて出場したクイズ番組は第8回ウルトラクイズ。今から30年以上も昔の話です。一瞬にして泥に消える場面が私の最初のTVクイズ出演でした。 そして、皆さんもご存じの通り、第13回ウルトラのショットオーバーではこんなやり取りがありました。

「帰れTシャツ」のルーツを追いかけていくと、この場面にたどり着くわけです。

話題は一転して、この10日間ほどドル円相場は急降下。結果からすれば、歴史的な大暴落と言っても過言ではないでしょう。

とくに、昨日は114円台から始まったのに、いったん110円台まで下がり、その後、113円台まで跳ね上がったりと、ドル円相場までがバンジージャンプのごとくの動きをしました。

 

まだまだ遅くないですよ、「帰れTシャツ」をほしい方はAMAZONでぽちっとやってくださいな。

それから、「帰れTシャツ」をお買い上げの皆さんは、AMAZONのカスタマーレビューへの書き込みも宜しく。

 

LINEで送る
Pocket

写真で振り返る年末年始の2週間の日本滞在(2015/16)

クリスマスの渋谷
LINEで送る
Pocket

2週間の日本滞在を終えて、今日ベトナムに戻る。
昨日あたりから寒さが厳しさを増してきたので、ちょうど潮時だ。

今回は日本の正月休暇を挟んで、仕事とプライベートでいろいろなイベントがあり、
2週間という長期の日本出張となった。

写真を軸にざっと振り返ってみたい。

12月23日(水)

中華航空にて台湾トランジットで成田へ。
フライトが1時間遅れだったので、成田に宿を取って正解だった。

back to Japan via Taipei

12月24日(木)

面談2件。
夜は大学の後輩と。

Mac Akasaka in Shibuya

12月25日(金)

面談2件。
夜は高校時代の同級生らと渋谷にて同窓会。

with high school mates in Shibuya

12月26日(土)

丸1日クイズ仲間との世紀の一大イベントを決行。

Before starting Man of the Year Senior

学生日本一決定戦のシニア大会を開催。伝説のプレーヤーらが一堂に会した。もちろん僕もそのうちの一人。 テレビの取材あり、サイン会あり、etc.で、まるでスター扱い。

Baltimore 4 +1

パーティーの最後の撮影会は大盛況。

Man of the Year Senior Party

クイズの大会に100名、観客160名以上が全国各地から参加。僕は海外からの参加。

Ogura Jun

クイズの司会の小倉淳アナと記念写真。

12月27日(日)

富士へ移動。
大学時代の友人と10年ぶりくらいに呑み会。

in a izakaya, Fuji

昔話に花が咲き乱れ、写真は最初の1枚だけ。

12月28日(月)

京都へ移動。
顧客との商談1件。

Unsplash / Pixabay

12月29日(火)

下関の実家に帰省。

Shimonoseki

12月29日-1月6日

正月休みを実家で過ごす。

raw fish

自宅ではいつものように魚三昧、刺身三昧。

1月1日(金)

初詣。

first visit to shrine of the year

家族で近所の神社に初詣。

 fortune

御籤は吉だが、微妙な文言が書き連ねられていた。

1月2日(土)

母の誕生日。

Grandma's Birthday

甥っ子、姪っ子など家族が集まり、お祝い。

 Go Home T-shirt

甥っ子をモデルに「帰れTシャツ」の写真撮影。

 

1月4日(月)

仕事始め。
電話での相談2件。

niekverlaan / Pixabay

1月6日(水)

中華航空にて台湾トランジットでベトナムへ戻る。

LINEで送る
Pocket

「帰れTシャツ」発売のお知らせ

ショットオーバー 帰れTシャツ
LINEで送る
Pocket

たいへん長らくお待たせいたしました。

いよいよ「帰れTシャツ」を以下の通りで発売いたします。

販売サイト:AMAZON

発売開始:12月21日{予定}

発売価格:2700円(税込・送料別)

ショットオーバー_帰れTシャツ

寸法表

  XS S M L XL
着丈 57 63 68 72 75
身巾 42 47 52 55 60
肩幅 38 42 46 50 55
袖丈 15 18 21 22 23
身長 155~165 160~170 165~175 170~180 175~185

 

AMAZONでの発売開始に先立って、Quiz Japanで先行発売することになりました。

これは12月26日のマンオブシニアの会場にて受け渡しいたしますので、当日、会場に来られる方のみの販売となります。

先行販売はクイズ・ジャパンのサイトにて。

 

皆様、宜しくお願い致します。

LINEで送る
Pocket

今朝は「帰れTシャツ」を着て散歩へ

LINEで送る
Pocket

今朝もいい天気だった。

食糧が尽きかけてきたので、今日は市場へ買物。

家の近くの、橋を渡ってすぐのところにあるフーニャン市場(Chợ Phú Nhuận)だと10分もかからないのだが、朝の散歩を兼ねて、片道20分ほどかけて、いつも、遠くのグエンバンチョイ市場(Chợ Nguyễn Văn Trỗi)まで出掛けている。

2015-12-08 06.07.56

今朝は自社製の「帰れTシャツ」を着てみた。 ウルトラクイズファンの方がデザインしてくれた逸品だ。

今まではずいぶん太っていたこともあり、大きめのサイズを着ていたが、身長170cmの人を基準にしているMサイズを着ても身体にピッタリで違和感ない。今日はいつものクセで大きめのLサイズを着てみたが、ダイエット効果か、お腹の部分はちょっとダブつき気味。太っていた頃だと、これくらいでちょうど良かったのだが。

 

市場では買う店はだいたい決まっている。目的の店へちゃちゃっと済ませる。

今日、買ったものといえば…

パイナップルでパイナップルを丸ごと1つ。

ハム屋で、好物の田舎風ハム1本。

たまご屋で6個入の卵を1パック。

青菜屋で、レタスと空芯菜を10000ドン(60円)分。

豆腐屋で豆腐1丁。

2015-12-08 06.39.51

6時に家を出て、7時前には戻った。

屋上でトレーニングして、シャワーを浴びて、朝食。

今朝の朝食はパイナップルだ。

そうやって、1日が始まる。

2015-12-08 06.38.01

 

LINEで送る
Pocket

「帰れTシャツ」のプリント見本公開

LINEで送る
Pocket

「帰れTシャツ」のプリント見本が上がってきて、ちょっと公開したところ、物凄い反響で驚いた。

「帰れTシャツ」のプリント見本が上がってきた。生地はDark NavyとOff Whiteの2色。

Posted by 秋利美記雄 on 2015年11月3日

 

みんなの生の声に感謝感激

FACEBOOKページの「秋利美記雄」で昨日のお昼ごろに公開して、ちょっとだけ宣伝したのだが、見る見るうちに拡散し、目下(11月5日17:00ベトナム時間)3235人までリーチしている。

いただいた「いいね!」は113件、コメントは8件で、そのほとんどが、このTシャツが欲しい、というものだった。生の声をお聞かせいただき、感謝感激だ。

 

身生地の色は2色

デザイン募集の際は基本色でお願いとしたところ、当選されたデザイナーさんが白と黒の2色でデザインしたのだが、その後、相談して、やや変更し、ベージュとネイビーにすることにした。

とはいっても、ちょうどいい色の生地が手に入るかは別の話。

日頃付き合いのあるTシャツ屋のお兄ちゃんにプリント見本の依頼したところ、最初はベージュというよりは黄土色が出てきたので別のを持ってきてと言ったら、オフホワイトが出てきた。考えていたベージュは無理らしい。

みんなの反応を見るべく、ツイッターでどっちが好みか、訊いてみた。

 


輪郭が非常にはっきりしているせいもあるのだろうけど、9対1でダークネイビーのほうが断然人気だ。

この話をデザイナーさんとすると、「あ。でも(マンオブシニアの)会場物販で「サイン入り」となったら……オフ白の方がサイン映えますね……」だって。まったくごもっとも。

白のサインペンの用意しとかなきゃ。

 

 

LINEで送る
Pocket

「帰れTシャツ」のデザイン決定!

LINEで送る
Pocket

今日はオランダに住む娘の15歳の誕生日だということもあって、楽しく乾杯したい気分。

それに合わせるかのように、先日からの「帰れTシャツ」のデザイン・コンペの選考が終了し、当選作品が決定した。

当選作品はこちら。
b011  w001
今回のデザイン・コンペは造形のプロの方にも参加いただきたくて、クラウドソーシングでの公募という形をとったのだが、結果的には、番組に愛着を持って見てくれた方の作品を選ぶことになってしまった。ファンの方々の熱い思いが私の心に響いたということだろう。

デザインしていただいたのは「西沢おやびん&ハウウバー友の会」という、熱心なウルトラクイズ・ファンである西沢おやびんとその仲間の皆さん。決定後も私の細かな修正要望のひとつひとつに丁寧に根気強く対応いただいた結果、素晴らしい作品が完成した。

ここに心よりお礼申し上げる。

このデザインでは、Tシャツは白地と黒地の2色なのだが、生地の手配次第で、ひょっとしてベージュとネイビーに変更することも検討している。皆さんからのご意見もいただけると参考にしたい。

なお、Tシャツの販売開始については、12月初めを予定しているが、詳細は追ってご連絡したい。

皆さん、宜しく。

 

 <お知らせ> 
今年2015年の年末、東京でMan of the Year Seniorというクイズの大会及びパーティーを行うことになりました。これは私たちが学生時代に毎年年末に行われていた学生クイズ日本一決定戦のシニア版です。一般の方も見て楽しめる内容になると思います。
皆さん、是非お越しください。
開催日:2015年12月26日
開催場所:東京ウィメンズプラザ(渋谷区神宮前5-53-67)
詳細は公式サイトからどうぞ。FBページツイッターでも随時情報を発信しています。

 

LINEで送る
Pocket

「帰れTシャツ」のデザイン・コンペに関わってくれたすべての皆様へ感謝!

LINEで送る
Pocket

先日より、このブログ上で参加を呼びかけていた「帰れTシャツ」のデザイン・コンペは一昨日夕方をもって、提案募集を終了。

最終的に14名の提案者から32件の応募作品が集まった。現在、選考中である。応募作品を見たい方は下記よりどうぞ。

<「帰れTシャツ」デザイン・コンペ応募作品一覧> (人気投票も可能)

第13回アメリカ横断ウルトラクイズは26年も昔の出来事。その中の第9チェックポイント・ショットオーバーでの、僕と長戸がお互いを帰れと罵り合う場面はいまだに視聴者のファンの記憶に残っているらしい。ツイッターでそうしたウルトラクイズ・ファンの方々と話しているうちに、26年前日記同様うまくのせられて、Tシャツ作りについても、ついやりましょうと言ってしまった。こんな酔狂な企画に参加してデザインのアイデアを出してくれた皆様、さらには、公募を広く呼びかけてくださった皆様、まずはここに深く感謝を申し上げる。

来週中には決めてしまい、12月からの販売に間に合うようにしたいと考えている。

年末のマンオブシニアに参加される方々には是非着て来てほしいなあ。

 

 <お知らせ> 
今年2015年の年末、東京でMan of the Year Seniorというクイズの大会及びパーティーを行うことになりました。これは私たちが学生時代に毎年年末に行われていた学生クイズ日本一決定戦のシニア版です。一般の方も見て楽しめる内容になると思います。
皆さん、是非お越しください。
開催日:2015年12月26日
開催場所:東京ウィメンズプラザ(渋谷区神宮前5-53-67)
詳細は公式サイトからどうぞ。FBページツイッターでも随時情報を発信しています。

 

LINEで送る
Pocket

「帰れTシャツ」のデザイン・コンペ、いよいよ佳境に!

LINEで送る
Pocket

先日来、このブログでも宣伝していた「帰れTシャツ」のデザイン・コンペの募集期間が残りあと3日を切った。

10月2日19時(日本時間)現在で、9名の方々から18件の応募が集まっている。

最初は雲を掴むような話だったのも、応募作品が集まるにつれて、目指す方向性が明らかになっていっている。

募集のシステムはプロのデザイナーさん方にもお声がけをできるので、目一杯その機能を使わせていただいている。流石にプロの方々は与えられた条件の中でうまくまとめるなあと感じる。

一方で、デザインの専門家でない一般のTV視聴者もコンペには参加できるので、そうした方々の応募もある。デザインのプロでなくとも、ウルトラクイズにかける情熱がデザインの中にありありと表現されていたりして、こちらもなかなか見逃せない。

Tシャツそのものは、今月、来月で作り上げて、12月初めくらいから販売したいと考えている。

デザインは、その第一歩。

あと3日間。さらに素晴らしい作品が集まることを期待している。

是非、みなさん、宜しく。

デザインのできる方はご応募を、できない方はこの記事や関連の情報をシェアあるいはリツイートしていただけると幸いだ!

P.S.:この公募システムには人気投票もできる機能が付いているので、見て気に入ったのがあったら、ボタンをクリックしてみてほしい。皆さんの意見も参考にしたいので。

 

 <お知らせ1> 
ファンの皆様のご要望にお応えして、ショットオーバーの大声クイズをテーマに「帰れTシャツ」を作成、販売することになりました。現在、下記のサイトにてデザインを募集しています。デザインの腕に自身のある方は是非ご応募ください。
[「帰れTシャツ」デザイン募集のページ]
 <お知らせ2> 
今年2015年の年末、東京でMan of the Year Seniorというクイズの大会及びパーティーを行うことになりました。これは私たちが学生時代に毎年年末に行われていた学生クイズ日本一決定戦のシニア版です。一般の方も見て楽しめる内容になると思います。
皆さん、是非お越しください。
開催日:2015年12月26日
開催場所:東京ウィメンズプラザ(渋谷区神宮前5-53-67)
詳細は公式サイトからどうぞ。FBページツイッターでも随時情報を発信しています。

 

LINEで送る
Pocket

ツインレイクスでトマト戦争–1989年9月22日

LINEで送る
Pocket

クイズの日。アメリカ本土に入ってからは1日おきにクイズの日がやって来る。

この日のクイズはトマト戦争。 トマトの砲弾が飛んで来る中を潜り抜けて走り、早押しボタンを押すというものだった。グアムの泥を抜けたら、もう汚れることはないと思っていたら、そうは問屋が卸さなかった。

問題が読まれ始めると、皆とりあえず早押しボタン前の塹壕まで走る。問題がよく聞こえないものだから塹壕の中で話し合う。 「今の問題、何?」 「わからん」 「XXXXXX」 「XXXXXX」 くだらん冗談なんかも交わす。 あの塹壕の中に集音マイクを仕掛けておけば、僕らの馬鹿話満載できっと面白かっただろうに。

問題すべてに走っていたら息が切れるので、わかりそうにない問題の場合は走らず休んだ。 永田さんに先着は許したものの、2抜け。まだ余裕はある。

負けたのはコアラ関根。いいやつだったが、残念だ。また、1人減って、いよいよ6人。

この日の泊まりはデンバーのホリデーイン。同室者は長戸。 デンバーは殺風景な都会で、ちらっと見ただけで、どこも出歩かず、ホテルで映画を見たが、3本ともつまらなかった。

こうして僕らの1989年のウルトラクイズの旅はつづく。

 <お知らせ1> ファンの皆様のご要望にお応えして、ショットオーバーの大声クイズをテーマに「帰れTシャツ」を作成、販売することになりました。現在、下記のサイトにてデザインを募集しています。デザインの腕に自身のある方は是非ご応募ください。 [ 「帰れTシャツ」デザイン募集のページ]

 <お知らせ2>  今年2015年の年末、東京でMan of the Year Seniorというクイズの大会及びパーティーを行うことになりました。これは私たちが学生時代に毎年年末に行われていた学生クイズ日本一決定戦のシニア版です。一般の方も見て楽しめる内容になると思います。 皆さん、是非お越しください。 開催日:2015年12月26日 開催場所:東京ウィメンズプラザ(渋谷区神宮前5-53-67) 詳細は公式サイトからどうぞ。FBページツイッターでも随時情報を発信しています。

 

LINEで送る
Pocket