日本学生クイズ連盟

1980年代のクイズ界に彗星の如く現れたプリンス–相原一善

相原一善

年末のクイズの祭典「Man of the Year Senior」の開催まで残り3週間を切った。

出場する人しない人、いろいろだが、かつてのクイズ仲間の思い出を綴ってみたい。

「クイズ仲間ああ言えば交遊録」と題して、マンオブ開催まで毎日とは言わないが、2日に1回位書いていきたい。

さて、この「クイズ仲間ああ言えば交遊録」のトップバッターは相原一善だ。

相原について、ひょっとして一般の方々はご存じないかもしれないが、今回のマンオブシニアでは大会実行委員長を務めている。

なぜ彼が僕のクイズ仲間の交遊録のトップに来るかといえば、いまだに付き合いのある同世代のクイズ仲間のうちでも、もっとも長い付き合いだからだ。

彼は僕よりも1つ歳上で、高校2年のときにクイズ・アタック25の一般大会に出場、周りの大人たちを破って優勝したのだ。当時、高校生や中学生がこうした番組出る機会といえば、夏休み高校生大会とか中学生大会だったので、番組を見ていて、一般の大人に混じって出られるなんて思いもよらなかった。しかも、彼はそこで優勝してしまったのだ。クイズに志していた当時の秋利少年にとっては、彼は突然現れたシンデレラ・ボーイだった。

相原一善

高校時代に相原に送った手紙–今も保管してあるという。ラブレターでなくて良かった(笑)

それで、この番組を見て、きっとこの相原くんも自分と同じようなクイズマニアにちがいないと勝手に思い込み、テレビ局経由で彼に手紙を出してみた。すると、彼からも手紙が返ってきて、それ以来ずっと大学も違えど、クイズ仲間と言うわけである。

彼と直接顔を合わせるのは大学時代で、東京の早稲田や慶応の学祭などに出かけたり、ホノルルクラブの会合に参加したりの際だ。ホノルルクラブの合宿の際にめったに会えない学生仲間同士で交流戦を行なったりしたのは懐かしい思い出だ。

大学2年から3年に上がる春休みには、日刊スポーツ主催でトリビアル・パスートというクイズのボードゲームの大会が東京で開催されたのだが、その際は彼と組んで出場、見事、準優勝を勝ち獲った。大学の違う異色のペアだった。

僕が大学3年のときに準優勝した1986年のマンオブでは、日本クイズ学生連盟の会長を西村顕治が務め、相原はその下で実務の中枢を担っていた。そして、翌年には彼は連盟(通称:学連)の会長を務める。先に掲げた写真はその当時のものだ。

相原一善

大学時代、彼が名古屋に来て、遊びに行った遊園地のチケットだ。いわくつきのもので、いまだ残っていたそうな。でも、まさかこれまでこのブログにのっけられるとは、思ってなかったろうな。ご本人はドッキリだけど、見ている人には何のことだかわからないから、まあいいだろう。

ウルトラクイズの際はだいだい彼と一緒に行動していた。

まず、第1問めに関しては、まだあたりの暗い早朝から彼やホノルルクラブ会長の村田さんと連絡をとり、毎年正解の情報を入手していたものだ。

第13回のときには、彼は就職活動中ということで、たとえ勝っても出られないことがわかっていた。それで、100名が決定する直前に周囲の多くの人を引き連れて自爆してくれた。ナイスアシストだった。感謝、感謝。

でも、彼自身は、アタックの優勝以降は、ぱっとせず、クイズの歴史においては、彗星のように現れて、彗星のように消え去ってしまった。

ちなみに、ちょっと個人情報を垂れ流しておくと、相原の誕生日は1964年7月29日でちょうど長戸勇人の誕生日の1年前にあたる。同じような関係が僕と西村顕治で僕の誕生日1966年2月11日の1年前が西村の誕生日というわけである。それがどうしたと言われれば、それまでのことでしかないが。

今回のマンオブシニアの開催においては、一緒になって大会開催まで頑張ってきた。あと一息というところだ。

昔からの仲間とともに一つの目標に向かって頑張るというのも悪くない。

今後も是非仲良くしていきたい貴重な友人だ。

 

「マンオブシニア」のエントリーが開始

この年末に開催されるクイズ大会「マンオブシニア」のエントリーが11月2日から始まった。

事務局からの情報だと、昨日までの3日間ですでに50名近い参加者がエントリーしている。

この調子だと、100名以上の参加は必至、おそらくは最終的に150名から200名くらいの方々が参加されることになるのではないだろうか?

参加資格は?

この大会、要するに僕らの世代の同窓会のノリで始まったために、参加資格にもそうした条件がつけられている。

まず、大前提は、出場者は60年代生まれに限定ということ。年次関係で、一部に例外は設けてあるものの、我々「昭和40年男」らを中心とした60年代生まれのオッサンやオバサンの集まりが一番の前提になっている。

僕らのテレビ出演を見て、クイズの世界に憧れ、足を踏み入れた70年代生まれの後輩諸君には申し訳ないが、出場資格はない。一般観客席は設けるつもりなので、是非当時と同じように、観客として応援してくれると嬉しい。

それで、参加資格には具体的に2種類の枠が用意されている。

まずは、「クイズ研究会枠」。

これはマン・オブ・ザ・イヤーが学生クイズ日本一を決める大会で、全国の大学のクイズ研究会の集まりである「日本学生クイズ連盟」(通称「学連」)主催だったので、当然のこと。各大学のクイズ研究会所属のメンバーが、当時、毎年12月に開かれた大会を懐かしみながら再度開催しようというものだからだ。

もう一つは、「オープン参加枠」。

これは、当時のマンオブには参加しなかった、あるいは、諸事情で参加できなかったけど、クイズが好きで、テレビのクイズ番組で活躍した同世代のスタープレーヤーにも参加してもらおうというもの。

今回のマンオブシニアの大会には、かつてテレビのクイズ番組で活躍していた伝説のプレーヤーが集まる大会の色彩も濃厚に漂うことになる。往年の名プレーヤーたちが集まるファン必見の大会になりそうだ。

 

大会終了後は大パーティー、大会前にもFBで交流を

クイズが終わってからは、出場者及び観客入り混じっての打ち上げの大パーティーもあるので、こちらも楽しみにしてほしい。

エントリー方法は下記ご参照。多くの方の参加を待っている。

すでにエントリーされた方で、FBのアカウントをお持ちの方は、「マンオブシニア出場者グループ」にも参加いただきたい。

スクリーンショット 2015-11-05 11.16.08