バンジージャンプを背景に「長戸帰れー!」「秋利帰れー!」–1989年9月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

クイーンズタウンでは連日のクイズ。

いよいよ土産物屋の日本人が言っていた名物の登場だ。

現場に着いて、回答席まで行くまでの間、目隠しをされ、スタッフに手を曳かれて行った。目隠しを解かれると、目の前にはトメさんが立っていて、そして、すぐ後を振り返るように促された。

百聞は一見に如かずとは、まさにこのこと。私たちの眼の前で、吊橋から人が谷底の川に向かって身を投げ出すのだから。

僕は高所恐怖症なので、万が一このクイズで負けていたら、恐怖のあまり、とんでもない醜態を晒したであろうと思うのだが、大声クイズで負けるとはつゆほども思っておらず、余裕の勝ち抜けだった。ホント言えば一抜けしたかったのだが。(結局、僕はウルトラの旅の中で一度も一抜けしていない。これはちょっと心残りだ)

僕と長戸はちょうど同い年の雑誌「昭和40年男」の世代で、同じようにウルトラクイズを見て、クイズを志すようになり、大学時代も何度も戦い、良きライバルだった。

当時、学生日本一を決定する「マン・オブ・ザ・イヤー」というチャンピオン大会が毎年12月に東京で開催されていた。

1986年には僕は予選1位で、準優勝(優勝は同じ名大の仲野隆也)。このとき、準決勝では、長戸、稲川(第11回ウルトラクイズ優勝)、鎌田の立命館三人衆を一纏めにして破った。 1988年のこの大会では長戸が優勝する。

このウルトラクイズの旅の間ライバルとして、特に、このショットオーバーでの僕と長戸の大声フレーズ「長戸帰れー!」「秋利帰れー!」は実に多くの人の記憶に残ることになるが、これはこのウルトラの旅の間だけでなく、実に長い因縁の歴史があったのだ。 ともかく、このときは長戸に先着して僕はご機嫌だった。

ショットオーバー

それにしても、このバンジージャンプ、1988年11月にニュージーランドのこの場所で始まったのをすぐさま翌年の9月にウルトラクイズが録画して11月に放映されたという。ウルトラスタッフの情報収集力の凄さにはお見事と言うしかない。

こうして僕らの1989年のウルトラクイズの旅はつづく。

 <お知らせ1> 
ファンの皆様のご要望にお応えして、ショットオーバーの大声クイズをテーマに「帰れTシャツ」を作成、販売することになりました。現在、下記のサイトにてデザインを募集しています。デザインの腕に自身のある方は是非ご応募ください。
[ 「帰れTシャツ」デザイン募集のページ]

 <お知らせ2>  今年2015年の年末、東京でMan of the Year Seniorというクイズの大会及びパーティーを行うことになりました。これは私たちが学生時代に毎年年末に行われていた学生クイズ日本一決定戦のシニア版です。一般の方も見て楽しめる内容になると思います。 皆さん、是非お越しください。 開催日:2015年12月26日 開催場所:東京ウィメンズプラザ(渋谷区神宮前5-53-67) 詳細は公式サイトからどうぞ。FBページツイッターでも随時情報を発信しています。

 

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ダイカム より:

    私は今でも秋利対長戸の決勝になったらどういう結果になったか、ワクワクします。
    一ウルトラファンより

    1. AkitoshiMikio より:

      そうですね。あの頃は、私は1対1の勝負には滅法強かったので、どちらが勝ったにしても大接戦になったことでしょうね。20年以上昔のことなのに、思い返してワクワクできるって、ウルトラクイズはホントにすごい番組でしたね。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください