世界を駆け巡るウルトラクイズの知られざる一面とは–1989年9月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
LINEで送る
Pocket

この日はクイーンズタウンからクライストチャーチへの移動日。

翌日の9月19日にも今度は日付変更線を越え、ハワイ経由でアメリカ本土に上陸する。 19890918-1

だが、この日まで、オーストラリア、ニュージーランドという南半球を旅しながら、当時の僕ら若者には底知れぬ物足りなさ、一種の欠乏感が鬱屈していた。

それは何か?

オーストラリア、ニュージーランドを旅しているのだから、どこかで一度は羊肉を食べる機会くらいあるだろうと思っていたのだが、とうとうラムを喰わずじまいに空港のあるクライストチャーチへと向かっているのだ。

ウルトラクイズの知られざる一面の筆頭を挙げるなら、誰がなんと言おうと、日本食を中心としたアジア飯の旅という側面にある。実際に十数年の歴史において、クイズの旅で移動する地域は非常に広範囲なのだが、食生活文化の範囲はほとんどアジア圏と極めて限られているのだ。

我々の例をあげよう。

グアム:日本飯、ゴールドコースト:日本飯、モーリー:中華、ブルーマウンテン:日本飯、シドニー:韓国飯、クライストチャーチからクイーンズタウンへバス移動中の弁当:日本飯、クイーンズタウンのトメさんとの会食:日本食レストラン…

ネブラスカの片田舎に行った時、僕は電話帳をめくって、その日の晩飯の中華レストランの名前を的中させて、近ツリのツアコンの加藤さんに「なんで知ってるんだい?」と感心されてしまったくらいだ。

By: waferboard

それで、このニュージーランドの最終日は僕らは主張した。「ラムを喰わせろ!」と。

このシュプレヒコールに怖気づいてか、ツアコンの加藤さんは我々の要求をのんでくれ、この日、僕らは南半球最終日にして、とうとう念願の羊肉にありつけたのであった。パチパチ(拍手)。美人ウエイトレスJeudyさんの給仕で南半球の羊肉は格別の美味だった。 19890918-2

こうして僕らの1989年のウルトラクイズの旅はつづく。

 <お知らせ1>  ファンの皆様のご要望にお応えして、ショットオーバーの大声クイズをテーマに「帰れTシャツ」を作成、販売することになりました。現在、下記のサイトにてデザインを募集しています。デザインの腕に自身のある方は是非ご応募ください。[ 「帰れTシャツ」デザイン募集のページ]

 <お知らせ2>  今年2015年の年末、東京でMan of the Year Seniorというクイズの大会及びパーティーを行うことになりました。これは私たちが学生時代に毎年年末に行われていた学生クイズ日本一決定戦のシニア版です。一般の方も見て楽しめる内容になると思います。 皆さん、是非お越しください。 開催日:2015年12月26日 開催場所:東京ウィメンズプラザ(渋谷区神宮前5-53-67) 詳細は公式サイトからどうぞ。FBページツイッターでも随時情報を発信しています。
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください