スコッツブラッフの預言師に優勝者と指名されたのは…–1989年9月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
LINEで送る
Pocket

移動日。

デンバーからバスで3時間かけ、チムニーロックに近いスコッツブラッフにやってきた。

周囲は大平原で、バスで走る道は、前を見ても、真っ直ぐ一直線に伸びているだけで、後を振り返ってもやはりそうだった。

地平線の丸い弧が遠くに見えた。オーストラリアのゴールドコーストで水平線を眺め、今度はネブラスカで地平線。初めての地平線には心が高鳴った。

着いた町には何もない。これまたモーリー同様だ。

その日の泊まりのスコッツブラッフ・インという宿で、部屋にあった電話帳を繰ってみる。そして、ツアコンの加藤さんに「ひょっとして今晩の飯は東方楼(Oriental  House)ですか?」と訊いてみる。 「どうして知ってるんだ」

電話帳を見ると、この町の中華料理屋はこの1軒だけだし、加藤さんの考えることはもうわかっている。どうせ「こんなとこにも中華料理屋があったよ」とか言いながら、白々しくそちらに足を向けるのだ。

ウルトラクイズの旅は南北アメリカ大陸やヨーロッパ大陸までも駆け巡る壮大なスケールだったが、食卓周りはアジアを抜け出せなかったことは9月18日の日記ですでにお伝えしたとおり。

その中華料理屋で加藤さんはある男と話をしていた。 美人の奥さんを連れたその男の周囲には只ならない空気が漂っていた。男はここまで残った6人の顔を眺めたあとで、僕を指差し、「優勝はこの男だ」とご神託を告げた。 さらには、中華料理の御籤でも”Yes, go ahead with confidence.(いいぞ、自信持っていけ)”というのが出てきた。もちろん、自信持って行くよ。

だが、結果的には優勝者が当たらなかったところを見ると、あの男は未来を見通していた預言師ではなく、ただの近所のオッサンだったのか。 19890923

こうして僕らの1989年のウルトラクイズの旅はつづく。

 <お知らせ1>  ファンの皆様のご要望にお応えして、ショットオーバーの大声クイズをテーマに「帰れTシャツ」を作成、販売することになりました。現在、下記のサイトにてデザインを募集しています。デザインの腕に自身のある方は是非ご応募ください。 [ 「帰れTシャツ」デザイン募集のページ]

 <お知らせ2>  今年2015年の年末、東京でMan of the Year Seniorというクイズの大会及びパーティーを行うことになりました。これは私たちが学生時代に毎年年末に行われていた学生クイズ日本一決定戦のシニア版です。一般の方も見て楽しめる内容になると思います。 皆さん、是非お越しください。 開催日:2015年12月26日 開催場所:東京ウィメンズプラザ(渋谷区神宮前5-53-67) 詳細は公式サイトからどうぞ。FBページツイッターでも随時情報を発信しています。

 

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください